Skip to content

九州芸文館 美術展覧会 「スペインの巨匠 ミロ展」好評開催中!

20世紀を代表するスペインの巨匠として、ピカソ、ダリとともに並び称されるジョアン・ミロ(1893-1983)の展覧会が九州芸文館で開催されます。
ミロは、油絵をはじめ、版画、彫刻、陶器など幅広い制作活動を行いましたが、特に版画は35歳で手掛けてから、生涯を通して精力的に取り組み、油絵と並ぶ彼のライフワークとなりました。本展覧会では、ミロの版画第一作目を含む初期から晩年までの選び抜かれた全146点が紹介されます。
なお鑑賞の際は、マスクの着用・人との十分な距離を保ってご鑑賞ください。

ミロ展

場所

九州芸文館(筑後市大字津島1131)

会期

令和2年8月1日から令和2年9月22日
休館日:毎週月曜日

開場時間

10時~17時(入場は、16時30分まで)

観覧料

一般:800円(600円) 高大生:500円(300円) 小中生:300円(100円)
※( )内は20名以上の団体料金 ※65歳以上の方は特別割引料金(600円)
※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方およびその介助者は無料

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Back to the top of the page
枠線画像
防災メール配信システム登録(英語)

QR code to access携帯電話でのアクセスにご利用ください

Copyright © Fukuoka Prefecture All rights reserved.