Skip to content

緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言(せんげん)が 解除(かいじょ)された後(あと)の

 5月(がつ)14日(にち)に 緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言(せんげん)が 解除(かいじょ)された後(あと) 福岡県(ふくおかけん)の 中(なか)で コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に なる人(ひと)の 数(かず)は 少(すく)なくなっていました。
 このため 病気(びょうき)が また 広(ひろ)がらないように する 取組(とりく)みと 病院(びょういん)が すぐに 治療(ちりょう)できる 準備(じゅんび)を しながら 皆(みな)さんが 以前(いぜん)のような 生活(せいかつ)や 仕事(しごと)を できる 時期(じき)に なっていると 考(かんが)えて いました。
 しかし 北九州市(きたきゅうしゅうし)では コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になる人が 4月(がつ)30日(にち)から ずっと0人(にん) でしたが 5月(がつ)23日(にち)からは 病気(びょうき)になる人(ひと)が 増(ふ)えました。
 病気(びょうき)になった 人(ひと)は 5月(がつ)29日(にち)に 26人(にん) いました。5月(がつ)29日(にち)までの 1週間(しゅうかん)の 合計(ごうけい)は 69人(にん) でした。69人(にん)の 中(なか)の 27人(にん)は コロナウイルス(ころなういるす)に かかった 原因(げんいん)が わかりませんでした。
 病気(びょうき)の 専門家(せんもんか)の人(ひと)は 北九州市(きたきゅうしゅうし)の いろんな場所(ばしょ)で コロナウイルス(ころなういるす)が 広(ひろ)がっている かもしれないと 話(はな)しています。
 福岡県(ふくおかけん)は 病気(びょうき)になる人(ひと)が 増(ふ)えてきたとき 病院(びょういん)が すぐに 治療(ちりょう)できるために 「福岡(ふくおか)コロナ(ころな)警報(けいほう)」という 4つの 目安(めやす)を 作(つく)りました。

【「福岡(ふくおか)コロナ(ころな)警報(けいほう)」4つの目安(めやす)】

  1. 1日(にち)に コロナウイルス(ころなういるす)に かかった 人(ひと)が 3日(にち)続(つづ)けて 8人(にん)以上(いじょう)増(ふ)えて いるとき。
  2. 直(ちょっ)近(きん) 3日間(にちかん)で コロナウイルス(ころなういるす)に かかった 原因(げんいん)の 分(わ)からない 人(ひと)が 50%以上(いじょう)いるとき
  3. 病院(びょういん)の ベッド(べっど)が 50%以上(いじょう) 使(つか)われているとき
  4. 病院(びょういん)の 重(おも)い 病気(びょうき)の 人(ひと)のための ベッド(べっど)が 50%以上(いじょう) 使(つか)われているとき


 この「福岡(ふくおか)コロナ(ころな)警報(けいほう)」の 目安(めやす)では 今(いま)の 福岡県(ふくおかけん) 全体(ぜんたい)の 状況(じょうきょう)は 次(つぎ)の とおり です。

  • コロナウイルス(ころなういるす)に かかった 人(ひと)は 3日(にち)続(つづ)けて 8人(にん)よりも 少(すく)ない。
  • コロナウイルス(ころなういるす)に かかった 原因(げんいん)が わからない人(ひと)は 3日(にち) 続(つづ)けて 50%よりも 少(すく)ない。
  • 病院(びょういん)の ベッド(べっど) と 病院(びょういん)の 重(おも)い 病気(びょうき)の人(ひと)のための ベッド(べっど)の中(なか)で 使(つか)われている ベッド(べっど)の 数(かず)は この1週間(しゅうかん) 10%よりも 少(すく)ない。

 このように 福岡県(ふくおかけん)全体(ぜんたい)で 病院(びょういん)が すぐに 治療(ちりょう)できるための 準備(じゅんび)を しなければならない レベル(れべる)には なっていません。
 しかし これから コロナウイルス(ころなういるす)に かかる 人(ひと)の 数(かず)の 状況(じょうきょう)によっては 病院(びょういん)が すぐに 治療(ちりょう)することが 難(むずか)しくなるかも しれません。これまでの 皆(みな)さんの 努力(どりょく)が 無駄(むだ)に ならないように 北九州市(きたきゅうしゅうし) 以外(いがい)の 地域(ちいき)でも コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に かかる 人(ひと)が 増(ふ)えないような 取組(とりく)みを する 必要(ひつよう)が あります。
 このため 皆(みな)さんに 次(つぎ)のとおり 行動(こうどう)するよう お願(ねが)いすることを 決定(けってい)しました。

1.外出(がいしゅつ)について

北九州市(きたきゅうしゅうし) 以外(いがい)に 住(す)んでいる 人(ひと)

 外(そと)に 出(で)ても 大丈夫(だいじょうぶ)です。
 福岡県(ふくおかけん)の 外(そと)に 行(い)っても 大丈夫(だいじょうぶ)です。しかし 6月(がつ)18日(にち)まで 北海道(ほっかいどう) 埼玉県(さいたまけん) 千葉県(ちばけん)東京都(とうきょうと) 神奈川県(かながわけん)には 行(い)かないように してください。
 外(そと)に 出(で)る ときは マスク(ますく)をつけたり 手(て)を よく洗(あら)ったり コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 防(ふせ)ぐ 工夫(くふう)をしましょう。

北九州市(きたきゅうしゅうし)に 住(す)んでいる 人(ひと)

用事(ようじ)が ないときは あまり 外(そと)に 出(で)ないようにしましょう。

2.イベント(いべんと)を 開(ひら)くこと について

北九州市(きたきゅうしゅうし) 以外(いがい)の ところ

人(ひと)が 多(おお)く 集(あつ)まる イベント(いべんと)を 開(ひら)くときは コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 防(ふせ)ぐ 工夫(くふう)を してください。
コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 防(ふせ)ぐ 工夫(くふう)が できないときは イベント(いべんと)を 無理(むり)に 開(ひら)いてはいけません。 開(ひら)くのを やめたり 日(ひ)にちを 遅(おく)らせて ください。


※コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 防(ふせ)ぐ 工夫(くふう)

  • たくさんの 人(ひと)を 入(い)れない。
  • 参加(さんか)する 人(ひと)が 手(て)を 消毒(しょうどく)できるように する。
  • 参加(さんか)する 人(ひと)は マスク(ますく)を つける。
  • 建物(たてもの)の 中(なか)の イベント(いべんと)は 窓(まど)や 扉(とびら)を 開(あ)けて 部屋(へや)の 空気(くうき)を よく 入(い)れ 替(か)える。

北九州市(きたきゅうしゅうし)

 6月(がつ)18日(にち)まで イベント(いべんと)は しないでください。

3.お店(みせ)や 施設(しせつ)の 休業(きゅうぎょう)について

北九州市(きたきゅうしゅうし) 以外(いがい)の ところ

 すべての 飲食店(いんしょくてん)や 施設(しせつ)は 以前(いぜん)のように 開(あ)けていいです。 ただし コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 防(ふせ)ぐ 工夫(くふう)を してください。


※「座(すわ)る席(せき)は 周(まわ)りに スペース(すぺーす)を 作(つく)る。」、「お客(きゃく)さんが 帰(かえ)るたびに 消毒(しょうどく)や 掃除(そうじ)を する。」など。
特(とく)に 日本(にほん)で コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)が 広(ひろ)がった 施設(しせつ)は 病気(びょうき)が 広(ひろ)がることを 防(ふせ)ぐ 工夫(くふう)の徹底(てってい)を お願(ねが)いします。
※コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)が 広(ひろ)がった 施設(しせつ)
 キャバレー(きゃばれー)、ナイトクラブ(ないとくらぶ)、バー(ばー)、カラオケボックス(からおけぼっくす)、ライブハウス(らいぶはうす)、スポーツジム(すぽーつじむ)、スポーツ(すぽーつ)教室(きょうしつ)など
今後(こんご) コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)が 発生(はっせい)した ときは また 休業(きゅうぎょう)を お願(ねが)いするかもしれません。

北九州市(きたきゅうしゅうし)

 キャバレー(きゃばれー)、ナイトクラブ(ないとくらぶ)、スナック(すなっく)、バー(ばー)、パブ(ぱぶ)などや、ライブハウス(らいぶはうす)は 6月(がつ)18日(にち)まで 休業(きゅうぎょう)を お願(ねが)いします。(休業(きゅうぎょう)を お願(ねが)いする 期限(きげん)の 日(ひ)が 早(はや)まる 場合(ばあい)も あります。)


※北九州(きたきゅうしゅう)地区(ちく)の 県立(けんりつ)学校(がっこう)は 6月(がつ)1日(にち)から 1週間(しゅうかん) いくつかの グループ(ぐるーぷ)に 分(わ)けて 登校(とうこう)するなどして はじめます。その他(た)の 学校(がっこう)も 県立(けんりつ)学校(がっこう)を 参考(さんこう)にして 設置(せっち)している人(ひと)が どうするかを 決(き)めます。

4.職場(しょくば)への 出勤(しゅっきん)などについて

仕事(しごと)を する ところでも 人(ひと)と 会(あ)う 機会(きかい)を 減(へ)らす 必要(ひつよう)が あります。


〇次(つぎ)のような 工夫(くふう)を しましょう。

  • 仕事(しごと)を する ところに 来(く)る 人(ひと)を 減(へ)らす。※自宅(じたく)で できる 仕事(しごと)は 自宅(じたく)で する。
  • 仕事(しごと)に行く 時間(じかん)を 少(すこ)し 変(か)える。
  • できるだけ 電車(でんしゃ)や バス(ばす)ではなく 自転車(じてんしゃ)などを使(つか)って 仕事(しごと)の 場所(ばしょ)へ 行(い)く。

5.新(あたら)しい 生活(せいかつ)スタイル(すたいる)に 取(と)り組(く)みましょう

「人(ひと)と 人(ひと)が 近(ちか)づき すぎない」、「マスクを つける」 、「手(て)を よく洗(あら)う」の3つことは コロナウイルスの 病気(びょうき)を 防(ふせ)ぐ 基本(きほん)です。他(ほか)にも コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 防(ふせ)ぐ 工夫(くふう)を 取(と)り入れた 「新(あたら)しい生活(せいかつ)スタイル」に 取(と)り組(く)みましょう。


基本的(きほんてき)なこと
〇せきや くしゃみが 出(で)るときは マスク(ますく)を する。
〇マスク(ますく)を しないで せき くしゃみを するときは ティッシュ(てぃっしゅ)や うでのうち側(がわ)で する。
〇外(そと)に 出(で)たり 料理(りょうり)をする 前(まえ)などに 手(て)を よく洗(あら)う
〇次(つぎ)の ところには 行(い)かない
 ・風(かぜ)が 通(とお)らない:密閉(みっぺい)
 ・たくさんの人(ひと)が 集(あつ)まっている:密集(みっしゅう)
 ・人(ひと)と 近(ちか)くで 話(はな)す:密接(みっせつ)

【食事(しょくじ)するとき】
向(む)かい 合(あ)わずに 横(よこ)に 並(なら)んで 食(た)べる
テイクアウト(ていくあうと)や デリバリー(でりばりー)で 家(いえ)で 食(た)べる
みんなで 食(た)べるときは お皿(さら)などを シェア(しぇあ)しない

【仕事(しごと)をするとき】
仕事(しごと)に 行(い)く 時間(じかん)を 変(か)える
テレワーク(てれわーく)を する
徒歩(とほ)や 自転車(じてんしゃ)で 仕事(しごと)に いく

6.病院(びょういん)や 保健所(ほけんじょ)への 相談(そうだん)について

〇次(つぎ)のような 症状(しょうじょう)が あるときは 「帰国者(きこくしゃ)・接触者(せっしょくしゃ)相談(そうだん)センター」へ 相談(そうだん)して ください。

  • 呼吸(こきゅう)が 苦(くる)しい。
  • 強(つよ)い だるさが ある。
  • 熱(ねつ)が 高(たか)い。
  • 重症化(じゅうしょうか) しやすい人(ひと)や お腹(なか)に 赤(あか)ちゃんが いる人(ひと)で せきや 熱(ねつ)など 軽(かる)い かぜの 症状(しょうじょう)が ある人(ひと)。
  • 軽(かる)い かぜの 症状(しょうじょう)が 続(つづ)いている とき。

病院(びょういん)に 行(い)く ときは 行く(い)前(まえ)に 必ず(かなら) 病院(びょういん)に 電話(でんわ)を かけてください。

 これから コロナウイルス(ころなういるす)の ワクチン(わくちん)や 薬(くすり)が 開発(かいはつ)されたり 多(おお)くの人(ひと)が 体(からだ)の 中(なか)に 免疫(めんえき)を 持(も)つまで コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)との 戦(たたか)いは 長(なが)くなります。この戦(たたか)いに勝(か)てるかは みなさん 一人一人(ひとりひとり)の 考(かんが)えや 行動(こうどう)で 決(き)まります。
 いつ 誰(だれ)が コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になるのか わかりません。 また 誰(だれ)かに 病気(びょうき)を うつす かもしれません。 自分(じぶん)や 家族(かぞく) 周(まわ)りの人(ひと) 住(す)んでいる地域(ちいき)を 守(まも)るために 「新(あたら)しい生活(せいかつ)スタイル(すたいる)」や コ(こ)ロナウイルス(ろなういるす)の 病気(びょうき)を 広(ひろ)げないための 工夫(くふう)に 取(と)り組(く)んで ください。
 また コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に なった人(ひと)や その人(ひと)の 家族(かぞく)や 病院(びょういん)で 働(はたら)いて いる人(ひと)に 対(たい)して いじめや 差別(さべつ)が 起(お)こることが 考(かんが)えられます。
 いじめや 差別(さべつ)は 許(ゆる)されません。 県民(けんみん)の みなさんは 正(ただ)しい 情報(じょうほう)を もとに 行動(こうどう)してください。 ご協力(きょうりょく)を お願(ねが)いします。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Back to the top of the page
枠線画像
防災メール配信システム登録(英語)

QR code to access携帯電話でのアクセスにご利用ください

Copyright © Fukuoka Prefecture All rights reserved.