ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > メニュー > 注目コンテンツ > 緊急事態措置(きんきゅうじたいそち)の延長(えんちょう)について(令(れい)和(わ)3年(ねん)5月(がつ)28日(にち))

本文

緊急事態措置(きんきゅうじたいそち)の延長(えんちょう)について(令(れい)和(わ)3年(ねん)5月(がつ)28日(にち))

日(ひ)にち:2021年5月28日更新 印刷(いんさつ)

今日(きょう)、 福岡県(ふくおかけん)では 緊急(きんきゅう)事態(じたい)措置(そち)を 延長(えんちょう)することと お願(ねが)いする 内容(ないよう)を 決(き)めました。

延長

緊急(きんきゅう)事態(じたい)措置(そち)の 期間(きかん)は、 6月(がつ)20日(にち)(日曜日(にちようび))までです。 これまで みなさんに お願(ねが)いしていたことを 引(ひ)き続(つづ)き お願(ねが)いします。

 

【県民(けんみん)の みなさんへの お願(ねが)い】

外出自粛

必要(ひつよう)が ないときは 外(そと)に 出(で)ないように してください。
特(とく)に 20時(じ)からは 外(そと)に 出(で)ないように してください。
また、 必要(ひつよう)が ないときは 他(ほか)の県(けん)へ 行(い)かないように してください。

新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)に なった人(ひと)は 少(すく)なく なっていますが、 そのうち 感染(かんせん)の力(ちから)が 強(つよ)い 変化(へんか)した コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に なった人(ひと)が 約(やく)90%なので、 早(はや)いうちに また 感染(かんせん)が 広(ひろ)がるかもしれません。

外(そと)へ 出(で)るときは 本当(ほんとう)に 必要(ひつよう)なのか もう一(いち)度(ど) 考(かんが)えて、 責任(せきにん)をもって 行動(こうどう)してください。

 

【飲食店(いんしょくてん)などへの お願(ねが)い】

時短

飲(いん)食(しょく)店(てん)などは、 引(ひ)き続(つづ)き、 お酒(さけ)を出(だ)したり カラオケ(からおけ)を使(つか)ったり することは 1日中(にちじゅう) やめてください。 「お店(みせ)を休(やす)む」 または 「お店(みせ)を開(あ)けるのを 5時(じ)~20時(じ)の間(あいだ)」に してください。
 お客(きゃく)さんが お酒(さけ)を お店(みせ)に 持(も)ち込(こ)むことができる 飲食店(いんしょくてん)も お店(みせ)を 休(やす)みにしてください。

協力金

協力(きょうりょく)してくれた 飲食店(いんしょくてん)は 協力金(きょうりょくきん)が もらえます。

飲食(いんしょく)での 感染(かんせん)を 防止(ぼうし)するため、 現在(げんざい)、 お願(ねが)いに 応(おう)じない 飲食店(いんしょくてん)に対(たい)して、 指導(しどう)を 行(おこな)っています。 お願(ねが)いに 応(おう)じない 飲食店(いんしょくてん)には、 特措法(とくそほう)(感染(かんせん)対策(たいさく)を 強(つよ)くして みなさんの 生活(せいかつ)を 守(まも)る 法律(ほうりつ))による 「命令(めいれい)」を するかもしれません。 そうならないよう、 みなさん ご協力(きょうりょく)を お願(ねが)いします。

 

【人(ひと)が集(あつ)まる 施(し)設(せつ)への お願(ねが)い】

人出

緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言前後(せんげんぜんご)の 土曜日(どようび)・日曜日(にちようび)の 昼間(ひるま)の 人出(ひとで)(人(ひと)が その場所(ばしょ)に 出(で)ること)の 状況(じょうきょう)は 次(つぎ)のとおりです。

外(そと)に 出(で)るのを やめることや、 飲(いん)食(しょく)店(てん)へ お店(みせ)を開(ひら)く時間(じかん)を 短(みじか)くするように お願(ねが)いした 最初(さいしょ)の 土曜日(どようび)・日曜日(にちようび)(4月(がつ)24日(にち),25日(にち))と 比(くら)べました。
 博多駅(はかたえき)、地下鉄(ちかてつ)天神(てんじん)のまわりは、 強(つよ)く お願(ねが)いするごとに 人出(ひとで)は 減(へ)っています。 商品(しょうひん)を売(う)っている施設(しせつ)の 周り(まわり)は、 緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言(せんげん)の後(あと)に 人出(ひとで)が 増(ふ)えましたが、 先週(せんしゅう)に お店(みせ)を 休(やす)むよう お願(ねが)いした後(あと)は、 人(ひと)出(で)が とても減(へ)っています。 これは、 「県内(けんない)中心(ちゅうしん)都市(とし)の 周(まわ)りの場所(ばしょ)で 商品(しょうひん)を売(う)っている施設(しせつ)」の 周(まわ)りでも 同(おな)じ動(うご)きでした。

協力(きょうりょく)してくれている お店(みせ)のみなさん ありがとうございます

時短

新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に なる人(ひと)を 減(へ)らすためには、 人出(ひとで)を 減(へ)らすことが 大切(たいせつ)です。 引(ひ)き続(つづ)き、 1,000平方(へいほう)メートル(めーとる)を超(こ)えていて 商品(しょうひん)を売(う)っている 施設(しせつ)などは、 生活(せいかつ)に必要(ひつよう)なものを 売(う)っている場所(ばしょ)以外(いがい)、 土曜日(どようび)・日曜日(にちようび)に お店(みせ)を 休(やす)みにすることや、 平日(へいじつ)は お店(みせ)を 開(あ)けている時間(じかん)を 20時(じ)までにすることを お願(ねが)いします。 

その他(ほか)の1,000平方(へいほう)メートル(めーとる)を超(こ)える 人(ひと)が集(あつ)まる施設(しせつ)(映画館(えいがかん)や 体育館(たいいくかん)、 スポーツクラブ(すぽーつくらぶ)など)は、 お店(みせ)を 開(あ)けている時間(じかん)を 20時(じ)までとします。
イベント(いべんと)のときは 21時(じ)までとして、 人数(にんずう)を 制限(せいげん)してください。

時短

なお、 1,000平方(へいほう)メートル(めーとる)を超(こ)える スポーツクラブ(すぽーつくらぶ)、 ホットヨガ(ほっとよが)、 ヨガスタジオ(よがすたじお)へ 土曜日(どようび)・日曜日(にちようび)に お店(みせ)を 休(やす)みにするように お願(ねが)いすることは、 6月(がつ)1日(にち)から やめることに なりました。

協力金

協力(きょうりょく)してくれた 事業者(じぎょうしゃ)は、 協力金(きょうりょくきん)が もらえます。

 

【仕事場(しごとば)へ 行(い)くこと など】

出勤

事業者(じぎょうしゃ)の みなさんは、 仕事場(しごとば)へ 行(い)く人(ひと)の数(かず)を 70% 減(へ)らすことを 目指(めざ)して、 家(いえ)で 仕事(しごと)することや 自分(じぶん)からすすんで 休(やす)みを取(と)ることなどを してください。仕事場(しごとば)へ 行(い)くときは、 人(ひと)と人(ひと)が 直接(ちょくせつ) 合う(あう)ことを 少(すく)なくするような 取組(とりく)みを お願(ねが)いします。

 

【感染(かんせん)の状況(じょうきょう)】

最近(さいきん)では、 新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になる人(ひと)が 減(へ)っていますが、 1日(にち)200人(にん)くらいと、 コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になった人(ひと)が 多(おお)くいます。
 また、 病院(びょういん)のベッド(べっど)を 使(つか)っている割(わり)合(あい)は、 5月(がつ)27日(にち)時点(じてん)で、 67.9%となっており、 重(おも)たい 病気(びょうき)の人(ひと)が ベッド(べっど)を 使(つか)っている割合(わりあい)は、 5月(がつ)27日(にち)時(じ)点(てん)で47.6%となっています。

病院(びょういん)などの施設(しせつ)に 与(あた)える負担(ふたん)が 高(たか)くなっています。 また、 新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に なった人(ひと)のうち、 感染(かんせん)の力(ちから)が 強(つよ)い 変化(へんか)した コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に なった人(ひと)が 約(やく)90%なので、 早(はや)いうちに また 感染(かんせん)が 広(ひろ)がるかもしれません。

 

【解除(かいじょ)の基準(きじゅん)】

解除の基準

緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)を やめることについては、  「ステージ(すてーじ)3(3)」くらいかどうかを みて、 総合的(そうごうてき)に 決定(けってい)されます。 さらに、 感染(かんせん)の力(ちから)が 強(つよ)い 変化(へんか)した コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)が ひろがっていることを 考(かんが)えながら、 「ステージ(すてーじ)2(2)」に 安定的(あんていてき)に 向(む)かっているかどうかも 確認(かくにん)して、 注意(ちゅうい)しながら 決(き)めることが 必要(ひつよう)です。

新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になる人(ひと)と 病院(びょういん)のベッド(べっど)を 使って(つかって)いる割合(わりあい)を、特(とく)に 注意(ちゅうい)しながら 見(み)る必要(ひつよう)があります。 

福岡県(ふくおかけん)で 「ステージ(すてーじ)3(3)」の状態(じょうたい)というのは、 「新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になる人(ひと)の 数(かず)が 1日(にち)180人(にん)以(い)下(か) という状態(じょうたい)が 1週間(しゅうかん) 続(つづ)くこと」と、「病院(びょういん)のベッド(べっど)を 使(つか)っている割合(わりあい)が 50%より 少(すく)ないこと」です。

「ステージ(すてーじ)2(2)」は、「新(あたら)しく コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)になる人(ひと)の 数(かず)が 1日(にち)100人(にん)以下(いか) という状態(じょうたい)が 1週間(しゅうかん) 続(つづ)くこと」と「病院(びょういん)のベッド(べっど)を 使(つか)っている割合(わりあい)が 20%より 少(すく)ないこと」です。

「ステージ(すてーじ)2(2)」に 安定的(あんていてき)に 向(む)かっていることを しっかりと 確認(かくにん)したうえで、専門家(せんもんか)の意見(いけん)を 聞(き)いて、 決(き)めたいと 思(おも)います。

緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言(せんげん)が 終(お)わったときに 「全(すべ)て終(お)わり」 ではなく、 感染(かんせん)が 広(ひろ)がらないことが 確認(かくにん)できるまでは 感染(かんせん)が ふたたび 広(ひろ)がることを 防(ふせ)ぐため、 みなさんに 感染(かんせん)が 広(ひろ)がらないための お願(ねが)いをしながら、 少(すこ)しずつ 元(もと)の生活(せいかつ)に 戻(もど)していく 必要(ひつよう)があると 考(かんが)えています。

 

【医療(いりょう)の体制(たいせい)】

医療提供体制

コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)に なった人(ひと)を 受(う)け入(い)れるための 病院(びょういん)の ベッド(べっど)の数(かず)は、 4月(がつ)19日(にち)時点(じてん)の 802個(こ)から 増(ふ)えていっています。
 今日(きょう)、 新(あたら)しく 48個(こ)を 確保(かくほ)し、 病院(びょういん)の ベッド(べっど)の数(かず)は 1,346個(こ)となりました。 そのうち、 重(おも)たい 病気(びょうき)の人(ひと)のための ベッド(べっど)は 172個(こ)となっています。

宿泊(しゅくはく)療養(りょうよう)施設(しせつ)は、 今日(きょう)、 久留米(くるめ)市内(しない)に グリーンリッチホテル(ぐりーんりっちほてる)久留米(くるめ)(157部屋(へや))を 開設(かいせつ)し、 合計(ごうけい)で 9施設(しせつ)、1,891部屋(へや)と なりました。

病院(びょういん)のベッド(べっど)については、 引(ひ)き続(つづ)き、 緊急(きんきゅう)の時(とき)に 備(そな)えて、 1,480個(こ)の確保(かくほ)を目(め)指(ざ)し、 宿泊療養施設(しゅくはくりょうようしせつ)については、 2,000部屋(へや)の 確保(かくほ)を 目(め)指(ざ)していきます。

【自宅(じたく)療養(りょうよう)をする人(ひと)への支援(しえん)】

自宅療養

現在(げんざい) 2,700人(にん)以上(いじょう)の 数(かず)に なっている、 自宅(じたく)療養(りょうよう)をしている人(ひと)へ、 新(あたら)しく生活(せいかつ)や 医療(いりょう)に関(かん)する 支援(しえん)を 行(おこな)います。

まず、生活(せいかつ)の 支援(しえん)については、 6月(がつ)1日(にち)から、 食事(しょくじ)などを 無料(むりょう)で 配送(はいそう)します。 自宅(じたく)療養(りょうよう)をしている人(ひと)のうち、 食料(しょくりょう)の 確保(かくほ)が 難(むずか)しい人(ひと)へ、 レトルト(れとると)の食品(しょくひん)や 缶詰(かんづめ)、 スープ(すーぷ)、 消毒(しょうどく)液(えき)などの セット(せっと)を 配送(はいそう)します。

提供

医療(いりょう)の 支援(しえん)については、 自宅(じたく)療養(りょうよう)をしている人(ひと)の中(なか)で 「コロナウイルス(ころなういるす)の病気(びょうき)になる前(まえ)から 別(べつ)の病気(びょうき)に なっているなど、 特(とく)に 医療(いりょう)が 必要(ひつよう)な人(ひと)」や 「特(とく)に 理由(りゆう)がなく 宿泊(しゅくはく)療養(りょうよう)に 同意(どうい)していない人(ひと)」へ、  宿泊(しゅくはく)療養(りょうよう)アドバイスチーム(あどばいすちーむ)の 看護師(かんごし)、 保健師(ほけんし)が 宿泊(しゅくはく)療養(りょうよう)の 良(よ)いところを 丁寧(ていねい)に 説明(せつめい)し 宿泊(しゅくはく)療養(りょうよう)を すすめます。 こちらも、 6月(がつ)1日(にち)から 始(はじ)める予定(よてい)です。

また、 自宅(じたく)療養(りょうよう)をしている人(ひと)で、 保健所(ほけんじょ)が 対応(たいおう)できない 夜(よる)の間(あいだ)や 休み(やすみ)の日(ひ)に、 熱(ねつ)が 出たり(でたり)、 体(からだ)が 疲(つか)れているように 感(かん)じたりするなどの 症状(しょうじょう)が 出(で)たときに、 診察(しんさつ)を受(う)けることや 相(そう)談(だん)が出(で)来(き)る 地域(ちいき)の 医療(いりょう)機関(きかん)を 紹介(しょうかい)する 専門(せんもん)の 窓口(まどぐち)を 開設(かいせつ)します。 準備(じゅんび)をして できるだけ 早(はや)く 開始(かいし)したいと 考(かんが)えています。

 

【ワクチン(わくちん)接種(せっしゅ)について】

室設置

県(けん)では、 令和(れいわ)3年(ねん)1月(がつ)に 新型(しんがた)コロナ(ころな)対策(たいさく)本部(ほんぶ)の 事務局内(じむきょくない)に ワクチン(わくちん)班(はん)を 置(お)いて、 医療現場(いりょうげんば)で 働(はたら)いている人(ひと)や 高齢者(こうれいしゃ)への ワクチン(わくちん)接種(せっしゅ)をする 市町村(しちょうそん)を 支援(しえん)してきました。 5月(がつ)21日(にち)には、 広域(こういき)接種(せっしゅ)センター(せんたー)の設置(せっち)など 広(ひろ)くワクチン(わくちん)接種(せっしゅ)が 出来(でき)るようにするため、 16人(にん)体制(たいせい)で 支援(しえん)に 取(と)り組(く)んでいます。

これからも、 県民(けんみん)の みなさんの ワクチン(わくちん)接種(せっしゅ)を 早(はや)く 進(すす)めていく 必要(ひつよう)があります。 6月(がつ)1日(にち)に、 新(あたら)しく 「ワクチン(わくちん)接種(せっしゅ)推進室(すいしんしつ)」を 置(お)いて、 25名(めい)体制(たいせい)で、 広域(こういき)接種(せっしゅ)センター(せんたー)で 接種(せっしゅ)できる人(ひと)や 接種(せっしゅ)できる場所(ばしょ)などについて、 考(かんが)えていきます。 

緊急(きんきゅう)事態(じたい)措置(そち)を しっかりと行(おこな)い、 感染(かんせん)が ふたたび 広(ひろ)がらないように していきます。 県民(けんみん)のみなさんと 事(じ)業者(ぎょうしゃ)のみなさん、 ご理解(りかい)と ご協力(きょうりょく)を お願(ねが)いします。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。