ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 企業立地 > 立地関連情報 > 最近の知事の動き > 沢井製薬株式会社と立地協定を締結しました

本文

沢井製薬株式会社と立地協定を締結しました

更新日:2021年10月14日更新 印刷

 大手ジェネリック医薬品製造・販売メーカーである沢井製薬株式会社が、本県飯塚市の第二九州工場敷地内(飯塚市平恒1144-3)に、新工場を建設することを決定し、10月14日、立地協定締結式が行われました。

 新工場で製造されるジェネリック医薬品は令和6年4月から出荷開始予定で、今回の設備投資により新たな地元雇用が期待されます。

 服部知事は、「今回の新工場の建設は、ジェネリック医薬品を安定的に供給することを目指した大型投資であり、飯塚、筑豊地域に300名を超える新たな雇用が生まれると伺っています。このことは県民生活の安定、そして地域経済、社会の活性化につながるものでございます。引き続き沢井製薬様にはこの飯塚での大きな事業拡大を続けて頂きますように期待を申し上げます」とあいさつしました。

あ
(写真)締結式の様子

a
(写真左から)服部知事、沢井製薬株式会社 澤井健造代表取締役社長、片峯誠 飯塚市長

b
(写真)会場の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。