ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > ようこそ知事室へ > 立憲民主党福岡県連合から新型コロナウイルス感染症対策について要望書が提出されました

本文

立憲民主党福岡県連合から新型コロナウイルス感染症対策について要望書が提出されました

更新日:2020年6月10日更新 印刷

 6月9日、山内康一代表をはじめとする立憲民主党福岡県連合の皆さまから小川知事に対し、「福岡県における感染症対策の確立を求める提言」が提出され、新型コロナウイルス感染症に向き合いながらその感染拡大防止と社会経済活動継続を可能にする対策についての要望をいただきました。

 知事は、現在開会中の県議会に新型コロナウイルス感染症対策として、「生活困窮者の支援」、「緊急短期雇用の創出」、「医療提供体制の強化」を図るための補正予算を提案したことを説明するとともに、「今後も検査、医療提供体制の維持・確保・強化をしっかりやっていきます。本日は幅広く提言をいただきました。これらを今後の施策に生かしていきたいと思います」と述べました。

会場の様子
(写真)会場の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。