ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > ようこそ知事室へ > 北州会議員連盟から新型コロナウイルス感染症対策について要望書が提出されました

本文

北州会議員連盟から新型コロナウイルス感染症対策について要望書が提出されました

更新日:2020年5月28日更新 印刷

 5月28日、中尾正幸会長をはじめとする北州会議員連盟から小川知事に対し、北九州市とより一層連携した新型コロナ感染症対策について要望をいただきました。

 知事は、北九州市の感染状況を踏まえ、国にクラスター対策班の派遣を要請したことを説明するとともに、「県民の皆さまには、お出掛けの際は行先の感染状況を踏まえて慎重に対応していただきたいと思います。県としては、北九州市の北橋市長と連携し、第二波にならないよう対応していきたい」と述べました。

※北州会とは、「北九州市選出の県議会議員をもって構成し、議員相互の融和親睦を図るとともに、必要な研究をなすを目的とする」団体。

中尾会長から要望書を受け取る小川知事
(写真)中尾会長から要望書を受け取る知事

JPG
(写真)会場の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。