ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 市町村行財政 > 市町村行政 > ようこそ知事室へ > 福岡県町村会から「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」が提出されました

本文

福岡県町村会から「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」が提出されました

更新日:2020年4月17日更新 印刷

 4月17日、福岡県町村会の永原譲二会長(大任町長)、三浦正副会長(篠栗町長)、松尾勝徳副会長(小竹町長)、井上幸春副会長(みやこ町長)、境公雄副会長(大木町長)から小川知事に対し、「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」が提出され、県民にとって公平な支援となる施策の実施、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(仮称)」等財政支援の早急な実施とその柔軟な運用、「生活支援臨時給付金(仮称)」の支給に係る市町村の事務負担軽減について国に対して求めるよう要望されました。

 知事は、「ご要望の趣旨は承りました。手続の簡素化や必要な財政措置についてはこれまで色々な形で国に要望をしてきております。しっかり関係機関と連携を取りながら皆でこの厳しい状況を打破していきたいと思いますので、それぞれの町村長の皆様、引き続きよろしくお願い申し上げます」と述べました。

要望書を受け取る知事

(写真)要望書を受け取る知事

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。