ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 公共交通(鉄道・バスなど) > ようこそ知事室へ > 武田総務大臣のJR日田彦山線視察に同行しました

本文

武田総務大臣のJR日田彦山線視察に同行しました

更新日:2020年11月24日更新 印刷

 11月22日、武田良太 総務大臣が、平成29年7月九州北部豪雨で被災したJR日田彦山線(添田駅から夜明駅間)の現地を視察され、小川知事が同行しました。

 知事は、現地視察に先立ち添田町役場で行われた意見交換会で、「JR九州には一日も早く復旧できるよう工事を進めていただきたい」と述べるとともに、地域振興について、「県では息の長い支援を安定的に行うため、10億円の基金を創設するとともに、今後の地域振興策を検討する協議会を立ち上げています。『九州の自立を考える会』で取りまとめられた沿線地域振興の基本構想を基に、基金の活用も念頭に置きながら、東峰村、添田町と連携して、今後の具体的な振興策を検討しているところです」と述べました。

 意見交換会には、寺西明男 添田町長、澁谷博昭 東峰村長、青柳俊彦 九州旅客鉄道株式会社代表取締役社長も参加し、地域振興や今後のスケジュールについて話し合われました。

 その後、添田駅、彦山駅、筑前岩屋駅、大行司駅、宝珠山駅の5駅を大臣とともに視察しました。

意見交換会の様子の写真です
(写真)意見交換会の様子

彦山駅の視察の様子の写真です
(写真)彦山駅の視察の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)