ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 学校教育 > 私立学校 > ようこそ知事室へ > 「Stanford e-Fukuoka」プログラムの開講式を行いました

本文

「Stanford e-Fukuoka」プログラムの開講式を行いました

更新日:2022年3月7日更新 印刷

 3月5日、「Stanford e-Fukuoka」プログラム(※)の開講式をオンライン形式で行いました。

 開講式には、在福岡米国領事館のジョン・テイラー首席領事、近藤シャー・ユキ広報担当領事、スタンフォード大学のゲーリ・ムカイSPICEディレクター、ヤマシタ・カスミSPICEインストラクターおよびプログラムに参加する高校生が出席しました。

 知事は、「このプログラムは、学校の授業では経験できない貴重な機会です。失敗を恐れず、仲間たちと積極的にディスカッションし、そしてチャレンジしてください。プログラムを通じ、皆さんが自らの可能性に気づき、能力を磨き、夢へチャレンジし、世界に羽ばたいていくことを心より応援しています」とあいさつしました。

※ 在福岡米国領事館と連携し、日本の高校生向けに米国スタンフォード大学が開発・運営する英語の異文化理解教育プログラムを本県仕様にしたプログラム

 

あいさつする知事

(写真)あいさつする服部知事

左からジョン・テイラー首席領事、服部知事

(写真)ジョン・テイラー首席領事と服部知事

※写真撮影のため、マスクを外しています。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)