ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 成長産業 > 成長産業プロジェクト > ようこそ知事室へ > 「福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議令和4年度総会」および「Ruby・コンテンツフォーラムFUKUOKA」を開催しました

本文

「福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議令和4年度総会」および「Ruby・コンテンツフォーラムFUKUOKA」を開催しました

更新日:2022年7月19日更新 印刷

 7月19日、西鉄グランドホテルで「福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議令和4年度総会」および「Ruby・コンテンツフォーラムFUKUOKA」を開催し、服部知事が出席しました。

 Rubyとは、まつもとゆきひろ氏によって開発された日本発のプログラミング言語です。
  県では、まつもとゆきひろ氏を会長とし、833企業・団体で構成される「福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議」を推進組織として、習得が容易で、高い開発効率を有するこのプログラミング言語Rubyを核としたソフトウェア産業とコンテンツ産業の一体的な振興に取り組んでいます。

 同会議の名誉会長を務める服部知事は、本県では近年、Ruby企業による開発部門の開設が相次いでおり、企業の立地・集積が進んでいることに触れ、「県政を進めるにあたり、新たなチャレンジの一つとして『成長産業の創出』を掲げています。Ruby・ブロックチェーンなどのIT産業の振興を図るとともに、世界と勝負して世界から選ばれるITスタートアップ企業の創出に取り組んでまいる」とあいさつしました。

 また、総会では、フクオカRuby大賞および福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞の表彰式を行い、それぞれの受賞団体に福岡県知事賞を授与しました。

 

あいさつする知事
(写真)あいさつする知事

 

表彰式の様子
(写真)表彰式の様子(集合写真撮影のためにマスクを外しています)

※左から杉之原 大資 (株)ヤマップエンジニアサブマネージャー、宮原 智新 クロスログ(株)代表取締役CEO、知事、川浪 達雄 (株)PECOFREE代表取締役、勝屋 久 勝屋久事務所代表、スクリーンにまつもと ゆきひろ Ruby開発者

 

会場の様子
(写真)会場の様子

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)