ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > ようこそ知事室へ > 三井高校レスリング部が「U17アジアレスリング選手権大会」の大会報告及び「U17世界選手権」の出場の報告に来られました

本文

三井高校レスリング部が「U17アジアレスリング選手権大会」の大会報告及び「U17世界選手権」の出場の報告に来られました

更新日:2022年7月8日更新 印刷

 

 7月8日、福岡県立三井高等学校レスリング部の東佐和選手(2年)が、令和4年6月19日から22日までキルギス共和国で開催された「U17アジアレスリング選手権大会」の大会報告、鬼塚一心選手(2年)が令和4年7月25日(月)から31日(日)までイタリア・ローマで開催される「U17世界選手権」の出場報告のため、知事を訪問されました。

 知事は、大会で4位入賞した東選手と、U17世界選手権に出場する鬼塚選手に「新型コロナの影響で、練習制限される中、監督・コーチの指導を受けながらしっかり練習を積み重ねられ、素晴らしい成績を収められたことに敬意を表します」と、選手を労うとともに、アテネオリンピック、北京オリンピックに出場した、同じく三井高等学校レスリング部出身の池松和彦選手に触れ、「池松選手など諸先輩方の輝かしい功績のその上に、素晴らしい三井高校レスリング部の歴史を築いて、これからも精進してがんばっていただきたい」と激励しました。

 

挨拶をする知事

(写真)あいさつをする知事

 

集合写真

前列左から、山口校長、東選手、服部知事、鬼塚選手、組坂同窓会顧問

後列左から、森岡監督、田中副顧問

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)