ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 県政運営・監査 > 地方分権 > ようこそ知事室へ > 全国知事会 新型コロナウイルス緊急対策本部ウェブ会議に参加しました

本文

全国知事会 新型コロナウイルス緊急対策本部ウェブ会議に参加しました

更新日:2020年8月8日更新 印刷

 8月8日、全国知事会「新型コロナウイルス緊急対策本部」(ウェブ会議)が開催され、小川知事が参加しました。

 全国において新型コロナウイルス感染が拡大している中、お盆期間を迎えるに当たり、36都道府県の知事が参加し、国に対する緊急提言について意見交換が行われました。

 小川知事は、本県の感染状況を説明した後、「最近の傾向を見ると、本県は第2波に入っていると言わざるを得ない状況にあると認識しています。一番大事なのは医療提供体制が確立、確保されているかどうかです。感染者の症状に合わせた医療提供がしっかりなされれば、徐々に経済活動のレベルを上げていけるとの考え方が基本です。現在、病床稼働率が50%を越えたため、独自の『福岡コロナ警報』を発動し、県民、事業者への新たなお願いと、医療関係者には受け入れ態勢の整備を要請しました」と発言しました。

 最後に、「今が正念場で、医療提供体制がさらにひっ迫するおそれがある場合には、追加的な措置も検討せざるを得ない状況にあり、知事会と歩みを共にして頑張っていきたい」と決意を述べました。

発言する知事
(写真)会議に参加する知事

ウェブ会議の様子
(写真)ウェブ会議の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。