ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 成長産業 > 成長産業プロジェクト > ようこそ知事室へ > 株式会社QPS研究所、九州電力株式会社及び関係者の皆さまが訪問されました

本文

株式会社QPS研究所、九州電力株式会社及び関係者の皆さまが訪問されました

更新日:2021年7月21日更新 印刷

 7月20日、九州大学発宇宙ベンチャーの株式会社QPS研究所、九州電力株式会社及び関係者の皆さまが服部知事を訪問し、超小型レーダー衛星では日本初となる、地上70cm四方のものが識別できる高精細な画像データの取得成功と、JAXA及び九州電力(株)と共同した衛星データ利用実証事業の開始について、報告されました。

 QPS研究所は、今年1月、米国ケープカナベラル空軍基地から人工衛星「イザナミ」の打ち上げに成功。この衛星は、光学衛星と呼ばれるカメラで観測する衛星と異なり、夜間や悪天候でも観測可能な、世界トップレベルの性能を持つ超小型レーダー衛星です。

 知事は、画像取得成功に対するお祝いを述べ、「この小型衛星が36機上がると、10分間隔でリアルタイムに地上を観測できるようになります。これまでにないサービスの提供により、大きな宇宙ビジネスになるでしょう」と期待を述べるとともに、「宇宙ビジネスは非常に裾野が広い、たくさんの企業が関わる産業です。県としても宇宙ビジネスを新たな成長産業に位置付けて、しっかりと育ててまいります。皆さん、タッグを組んで、福岡県初の宇宙ビジネスを生み出していきましょう」とあいさつしました。

集合写真

(写真左から)ラジオパーソナリティ中島浩二さん、九州電力株式会社中村部長、株式会社QPS研究所八坂取締役・研究所長、知事、株式会社QPS研究所大西社長、株式会社QPS研究所市來副社長、NPO法人円陣スペースエンジニアリングチーム當房理事長

会場の様子

(写真)会場の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)