ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > ようこそ知事室へ > パピオアイスアリーナ再開に向けた支援要望のため西部ガス関係者が来られました

本文

パピオアイスアリーナ再開に向けた支援要望のため西部ガス関係者が来られました

更新日:2022年7月14日更新 印刷

 7月14日、西部ガス関係者が施設の老朽化などにより令和3年7月から閉鎖しているパピオアイスアリーナの再開に向けて、福岡県へ支援を要望するため、 服部知事を訪問されました。

 知事は、パピオアイスアリーナが大会の開催や競技者の育成拠点として重要な施設であると認識していること、閉鎖による影響を心配していることを示すとともに、「競技団体の皆さんと連携していただき、大会の開催やアスリートの育成など、スポーツ振興の拠点としての役割を果たすための活動計画を示していただきたい。また、持続的な運営を見通す必要があることから、運営計画も示していただきたい。その上で、財政面も含めてどのような支援ができるのか具体的に検討していきたい」と話しました。

手交の様子
(写真)要望書手交の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。