ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 雇用・労働 > 技能振興 > ようこそ知事室へ > 「現代の名工」中岡貢氏(建築板金工)から銅板で製作された折り鶴及びふるさと寄附金が贈呈されました

本文

「現代の名工」中岡貢氏(建築板金工)から銅板で製作された折り鶴及びふるさと寄附金が贈呈されました

更新日:2022年12月15日更新 印刷

 12月15日、現代の名工である中岡貢氏から、新型コロナウイルス感染症の早期終息を祈念し、銅板折り鶴3羽およびふるさと寄附金が贈呈されました。
 贈呈された折り鶴は銅板を用いて折られたもので、「現代の名工」に選ばれた同氏の卓越した建築板金の技能によって製作され、ふるさと寄附金とともに贈られました。
 寄附金は、県民の皆さまへの感染症防止対策の啓発や高齢者施設での感染対策の強化など、新型コロナウイルス感染症対策に活用します。

 知事は、感謝の意を表すとともに、「中岡さんに続く人材を育成していただきたい」とあいさつしました。

集合写真

(写真左から)吉武邦彦 福岡県議会議員、中岡貢氏、知事、中岡明氏

※写真撮影のためマスクを外しています

折鶴

(写真)中岡貢様が製作した銅板折り鶴

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)