ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 県政運営、情報政策・IT化 > 地方分権 > ようこそ知事室へ > 北九州市長との意見交換会を行いました

本文

北九州市長との意見交換会を行いました

更新日:2021年12月16日更新 印刷

 12月16日、服部知事と北橋健治北九州市長が県庁で意見交換を行いました。
 服部知事は冒頭のあいさつで、「北九州市は、福岡市と並び、福岡県が前に進んでいくためのなくてはならないエンジンであり、これまで緊密に連携を取りながら協力してきました」と述べました。
 意見交換では、新型コロナウイルス感染症対策で、「感染拡大防止」、「事業者支援」、「感染防止認証店の普及」について、県と市で協力することを確認しました。
 また、北九州空港のさらなる発展に向け、旅客については来年度からの「ネットワーク再構築推進期間」、貨物については今年度からの「貨物拠点化推進強化期間」について、県と市で連携して取り組んでいくことを確認しました。
 その他に、「エネルギー産業の総合拠点化」、「ワンヘルスの推進」、「都市計画道路戸畑枝光線有料道路整備」、「下関北九州道路の早期実現」、「『九州・山口一周ルート』のナショナルサイクルルートの指定に向けた走行環境整備」などについて意見交換を行い、今後も連携して進めていくことを確認しました。

意見交換の様子

(写真)意見交換の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)