ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 県政運営、情報政策・IT化 > 地方分権 > ようこそ知事室へ > 全国知事会 新型コロナウイルス緊急対策本部(ウェブ会議)に参加しました

本文

全国知事会 新型コロナウイルス緊急対策本部(ウェブ会議)に参加しました

更新日:2022年1月28日更新 印刷

 1月28日、全国知事会の「新型コロナウイルス緊急対策本部」(ウェブ会議)が開催され、服部知事が参加しました。

 会議には、46都道府県が参加し、全国的な新型コロナウイルス感染症の感染急拡大を踏まえ、国への緊急提言などについて意見交換を行いました。

 服部知事は、提言の内容に関し、以下の5点について、国に強く求める必要があると発言しました。

1.ワンボイスでの発信について
 感染防止に必要な対策については、国、地方、専門家等の関係者が、ワンボイスで国民に発信すること。
2.濃厚接触者の取り扱いについて
 子どもも含めた濃厚接触者の待機期間の取り扱いについて、科学的なエビデンスに基づき早期に見直しを行うこと。
3.検査試薬及び検査キットについて
 国において、PCR検査の試薬はもとより、抗原検査キットの確保に努めること。
4.ワクチン接種について
 市町村の接種スピードを停滞させず、かつ、都道府県が計画的に接種できるよう、別枠で都道府県にワクチンを配分すること。また、交互接種における効果や安全性について、知見のある国が、具体的且つ分かりやすい情報を積極的に周知・啓発すること。
5.財政措置について
 協力金など感染拡大により義務的に支出せざるを得ない経費は、地方負担がないよう確実に別枠で財政措置を行うこと。

会議で発言する知事の写真
(写真)ウェブ会議で発言する知事

会場の様子

(写真)ウェブ会議の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)