ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 県政運営、情報政策・IT化 > 地方分権 > ようこそ知事室へ > 全国知事会 新型コロナウイルス緊急対策本部(ウェブ会議)に参加しました

本文

全国知事会 新型コロナウイルス緊急対策本部(ウェブ会議)に参加しました

更新日:2021年10月4日更新 印刷

 10月2日、全国知事会の「新型コロナウイルス緊急対策本部」(ウェブ会議)が開催され、服部知事が参加しました。

 会議には、42都道府県が参加し、新型コロナウイルス感染症の感染状況等を踏まえ、緊急提言などについて意見交換を行いました。

 服部知事は、国への緊急提言の内容に関し、
1.ステージ判断指標について
 治療薬開発やワクチン接種が進んできた中で、次の感染拡大時に備え、どのタイミングでどのような対応をとるべきか迅速に判断できるよう、国は第5波の分析・検証を行い、感染傾向の変化を踏まえた新たな基準・指標を早急に示すこと。
2.ワクチンの3回目接種について
 市町村は2回目の接種を進めながら、3回目の接種準備も行うことになるため、国は地域の実情に配慮しつつ、科学的な根拠に基づいた接種スケジュールなどの制度設計を行うこと。
3.地域観光事業支援及びGoToイート事業について
 地域観光事業支援について、12月末まで利用期限を延長するとともに、キャンセル料への補填といった間接経費の上限緩和など柔軟かつ弾力的な運用にすること。あわせて、GoToイート事業についても、食事券の販売・利用期限を延長すること。
4.財政措置について
 既に配分された事業者支援分を超える予算を協力金等に費やしており、これまでの分と併せ、今回の解除後の取り組みにも確実な財政措置を実施すること。また、経済対策では、地方にとって自由度の高い臨時交付金の飛躍的な増額を図ること。
 以上の4点について、国に強く求めるよう発言しました。

 

知事写真
(写真)ウェブ会議で発言する知事

会議の様子
(写真)ウェブ会議の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)