ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > ようこそ知事室へ > 久留米市立諏訪中学校陸上部が来られました

本文

久留米市立諏訪中学校陸上部が来られました

更新日:2022年8月9日更新 印刷

 8月9日、久留米市立諏訪中学校陸上部の男子4×100mリレー東悠太選手(3年)、菊池泰成選手(2年)、藤木葵選手(3年)が、令和4年7月2日から3日に開催された「第68回全日本中学校通信陸上競技大会福岡県大会」の優勝報告と、8月18日から21日に福島県で開催される「令和4年度全国中学校体育大会第49回全日本中学校陸上競技選手権大会の出場報告のため、知事を訪問されました。

 知事は、新型コロナの影響で、リレー競技の決め手であるバトンパスなどのチームワークを高める練習も十分にできない中、県大会優勝という栄冠を勝ち取ったことをたたえ、「東京2020オリンピック・パラリンピックのコンセプトの1番最初に掲げられているのが『自己ベストの追求』である。それぞれがベストを尽くすこと、そして自己ベストを伸ばしていくこと、この思いを強く持って、福岡県の皆さんの応援を背に、悔いのない走りを見せてください」と激励しました。

あいさつする知事

(写真)あいさつする知事

集合写真

(写真前列左から)菊池選手、東選手、知事、藤木選手

(写真後列左から)原口福岡県議会議員、西村校長、園川教諭

※写真撮影のためマスクを外しています

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)