ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 成長産業 > 成長産業プロジェクト > ようこそ知事室へ > 内閣府 竹本特命担当大臣の本県水素関連施設の視察に同行しました

本文

内閣府 竹本特命担当大臣の本県水素関連施設の視察に同行しました

更新日:2020年7月2日更新 印刷

 7月2日、内閣府 竹本特命担当大臣が、九州大学の水素関連施設を視察され、小川知事もこれに同行しました。

 視察の行程において、知事から竹本大臣に、本県の水素エネルギー戦略を説明しました。また、九州大学の佐々木一成副学長からは、九州大学の水素プロジェクトの概要を、水素エネルギー製品研究試験センター(HyTReC)の渡邊正五理事長からは、同センターの機能をそれぞれ紹介し、本県が水素エネルギー社会の実現に向けて産学官をあげた取り組みを展開していることをアピールしました。
 合わせて、キャンパス内に設置された水素ステーションの見学も行いました。

 知事は、説明の中で、本県が「福岡水素エネルギー戦略会議」を核に、関連産業の育成、社会実証、FCVの普及に九州大学と連携して取り組んでいることに触れ、「国ともしっかり連携しながら、引き続き、水素エネルギー社会の実現に向けた取り組みを加速させていきたい」と決意を述べました。

集合写真
(写真)竹本大臣、学生との集合写真

知事
(写真)本件の水素エネルギー戦略を説明する知事

九大説明
(写真)九州大学からの説明の様子

佐々木副学長
(写真)九州大学 佐々木 一成副学長からの説明の様子

HyTReC
(写真)水素エネルギー製品研究試験センター(HyTReC) 渡邊正五理事長からの説明の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。