ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 農産物のブランド化 > ようこそ知事室へ > 「Hydrangers FUKUOKA(ハイドランジャーズ フクオカ)」の坂本会長からオリジナル品種「月虹」が贈呈されました

本文

「Hydrangers FUKUOKA(ハイドランジャーズ フクオカ)」の坂本会長からオリジナル品種「月虹」が贈呈されました

更新日:2022年5月13日更新 印刷

 福岡県は、全国3位の産出額を誇る花きの生産県で、切り花のほか、洋ランやアジサイをはじめとする多様な鉢物が生産されています。この度、アジサイ生産者で構成する「Hydrangers FUKUOKA(ハイドランジャーズ フクオカ)」が開発したオリジナル品種「月虹(げっこう)」が、ジャパンフラワーセレクション2021鉢物部門において最優秀賞にあたる「日本フラワー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

 5月12日、代表の坂本会長が、受賞報告を行うとともに、「月虹」を知事に贈呈しました。

 知事は、受賞に対してのお祝いを述べるとともに、これまでの取り組みに敬意を表し「生産と消費の拡大の両面にしっかり取り組み、本県の花きの振興を、皆さまと力を合わせてやっていきたい。これからも、素晴らしい花を開発していただき、県民の皆さま、また全国の皆さまに、福岡の花これありというところを示していただきたい」と述べました。

月虹の贈呈
(写真)「月虹」贈呈の様子

集合写真
(写真左から)下坂隆司 久留米花卉園芸農業協同組合営農部長、知事、坂本和盛 Hydrangers FUKUOKA会長、吉松英利 久留米花卉園芸農業協同組合代表理事組合長
※吉松組合長の吉は「土」の下に「口」です
※写真撮影のためマスクを外しています

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)