ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 食の安全、家畜衛生、環境保全型農業 > ようこそ知事室へ > 高病原性鳥インフルエンザ発生に係る宮内農林水産副大臣との意見交換を行いました

本文

高病原性鳥インフルエンザ発生に係る宮内農林水産副大臣との意見交換を行いました

更新日:2020年11月25日更新 印刷

 11月25日、小川知事は、県内において高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを受け、宮内農林水産副大臣との意見交換を行いました。

 小川知事は、高病原性鳥インフルエンザへの県の初動対応について説明するとともに、「高病原性鳥インフルエンザのまん延防止に向け、国、市町村と協力しながら防疫措置の実効性を高めてまいりたい」と述べました。

 併せて、必要な資材の確保や生産者への円滑な手当金の交付などについて要望しました。

 

状況を説明する知事
(写真)県の対応について説明する小川知事

説明する宮内農林水産副大臣
(写真)国の対応について説明する宮内農林水産副大臣

会場の様子
(写真)意見交換の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。