ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 食の安全、家畜衛生、環境保全型農業 > ようこそ知事室へ > 福岡県高病原性鳥インフルエンザ対策本部会議(第2回)を開催しました

本文

福岡県高病原性鳥インフルエンザ対策本部会議(第2回)を開催しました

更新日:2020年11月27日更新 印刷

 11月27日、高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う対策本部会議(第2回)を開催しました。

 会議では、関係各部からこれまでの経緯や対応状況などについて報告がありました。

 小川本部長は、農場に残っている飼料や堆肥などの処理、消毒作業について、最後までしっかり対応するよう指示を出すとともに、「これ以上感染が拡大しないよう、本日付けで、発生農場以外の県内全ての養鶏農家に対し、明日からの緊急消毒を行うよう命令を発出しました。明日から順次、消石灰を配布するので、各農場においてしっかり対応するよう指導を徹底してください。また、異常が見つかった場合の早期通報などの対策について関係機関と連携して各農場に対する指導を徹底してください」と述べました。

それらに加えて、県民の皆さまにあらためて「これまで鶏肉や卵を食べることで、鳥インフルエンザが人に感染した事例はありませんので、安心していただきたい」と述べました。

知事写真
(写真)指示を出す小川本部長

会議の様子
(写真)対策本部会議の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)