ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化財・世界遺産 > 文化財保護 > ようこそ知事室へ > 博多松囃子「国重要無形民俗文化財」指定 記念式典・祝賀会が開催されました

本文

博多松囃子「国重要無形民俗文化財」指定 記念式典・祝賀会が開催されました

更新日:2020年9月23日更新 印刷

 博多の伝統行事である「博多松囃子(はかたまつばやし)」が国の重要無形民俗文化財に指定されたことを受け、9月22日、その記念式典・祝賀会が福岡市で行われました。

 博多松囃子は、毎年5月に開催される「博多どんたく港まつり」※において、パレードの先頭に立ち、祭りを盛り上げる芸能として披露されています。今回、博多松囃子が地域的な特色ある伝統芸能として重要であり、800年以上伝承されている貴重な例として、令和2年3月16日に重要無形民俗文化財に指定されたところです。

 小川知事は、伝統ある博多松囃子の継承に尽力されてきた方々への深い敬意を表するとともに、「今回の国指定を契機として、今まで以上に多くの方々に親しまれ、愛され、発展していくことをお祈りいたします」と祝辞を述べました。

関係の皆さまとの写真
(写真)関係の皆さまと

※令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。