ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 被災者支援 > ようこそ知事室へ > 富士通株式会社、株式会社富士通エフサスおよび株式会社富士通マーケティングから義援金が贈呈されました

本文

富士通株式会社、株式会社富士通エフサスおよび株式会社富士通マーケティングから義援金が贈呈されました

更新日:2020年8月20日更新 印刷

 8月20日、富士通株式会社、株式会社富士通エフサスおよび株式会社富士通マーケティングから、令和2年7月豪雨災害に対する義援金が贈呈されました。

 小川知事は、「県としては、国、市町村、関係機関と連携をいたしまして、一日も早く被災地の皆さまの生活再建ができるよう、また、事業者、農林漁業者の皆さまが事業を再開、継続できるよう全力を挙げているところです。今回お預かりした義援金は、皆さまの温かいお気持ちを添えて、被災地の皆さまにお届けいたします」と述べました。

贈呈の様子
(写真左から)岡本行雄 富士通株式会社九州支社長、知事

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。