ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 防災情報 > ようこそ知事室へ > 令和2年度福岡県原子力防災訓練を実施しました

本文

令和2年度福岡県原子力防災訓練を実施しました

更新日:2020年11月9日更新 印刷

 11月7日、玄海原子力発電所で万が一、災害等が発生した場合に備え、佐賀県及び長崎県と連携して、原子力防災訓練を実施し、県、市町村、消防、警察、自衛隊などの関係機関から約250人が参加しました。

 今回の訓練は、本県の新型コロナの感染状況と感染リスクを考慮して、住民の参加による実避難訓練は実施せず、防災関係業務従事者を中心に、情報収集・伝達訓練と緊急時モニタリング訓練に取り組みました。

 新たな訓練として、

  • 災害対策本部会議運営訓練
  • 緊急時WEB会議導入訓練    

を行いました。

 訓練で、小川知事は、「これからも、国、関係自治体、関係機関と連携して、訓練の実施とその結果の検証を繰り返していき、原子力防災対策の実効性を高めていきたい」と述べました。

•災害対策本部会議運営訓練の様子
(写真)情報収集・伝達訓練の様子

緊急時WEB会議導入訓練の様子 
(写真)国・3県とのテレビ会議の様子
指示を出す知事
(写真)指示を出す知事

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)