ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 成長産業 > 自動車 > ようこそ知事室へ > FCトラック輸送実証に係る出発式を開催しました

本文

FCトラック輸送実証に係る出発式を開催しました

更新日:2021年7月28日更新 印刷

 7月28日、FCトラック輸送実証に係る出発式を開催しました。

 FCトラックは、水素を燃料とし、CO2を排出せず、航続距離、燃料供給時間に優れたトラックです。

 本実証は、トヨタ自動車から市販化前のFCトラックを1台借り受け、県内の運送事業者が、パンや弁当等のチルド製品や日用品、建材等の雑貨を5か月間運搬し、CO2の削減量や燃費のデータを取得するとともに、水素ステーションを活用した利便性の高い輸送ルートや振動・騒音等の運転時の快適性について検証を行います。

 FCトラックを試乗した知事は、「振動、騒音が少なく、運転手の方々にとって、体への負担が少ないため、労働環境の改善につながると思われます。燃料の充填時間も短く、これからの運送業界の発展にとって、大いなる進歩につながると思います」と述べました。

 本実証で得られたデータは、トヨタ自動車やトラック協会の会員の運送事業者と共有し、今後のFCトラックの開発、市販化を後押ししていきます。

テープカットの様子

(写真)テープカットを行う知事、秋田章二福岡県議会議長ほか関係者の皆さん

知事賞受賞の様子

(写真)トラックラッピングデザインコンテスト福岡県知事賞を受賞した鶴友菜さんと

トラック協会会長賞受賞の様子

(写真)トラックラッピングデザインコンテスト福岡県トラック協会会長賞を受賞した大坪結さんと

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)