ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ECMOカーを見学しました

更新日:2022年4月15日更新 印刷

 4月15日、服部知事は、福岡大学病院が九州で初めて導入したECMOカーを見学しました。

 ECMOカーは、ECMO(体外式模型人工肺)を装着した状態で患者を搬送することが可能な救急車両であり、ECMO治療の豊富な実績を有する福岡大学病院では、この車両も活用しながら患者搬送を行っています。

 病院関係者から説明を受けた知事は、新型コロナウイルス感染症から県民の命と健康を守るために最前線でご尽力いただいていることに改めて感謝の意を表しました。

 県では、今後の感染拡大に備え、引き続き医療提供体制の維持・強化を図っていきます。

 

ECMOカーを見学する知事

(写真)ECMOカーを見学する知事

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)