ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > ようこそ知事室へ > 公明党福岡県議団から新型コロナウイルス感染症に関する緊急要望書が提出されました

本文

公明党福岡県議団から新型コロナウイルス感染症に関する緊急要望書が提出されました

更新日:2021年9月1日更新 印刷

 9月1日、森下博司団長をはじめとする公明党福岡県議団から、「現下の感染拡大に対応できる医療提供体制の早急な構築を求める緊急要望」が提出されました。

 知事は、病床の確保や宿泊療養施設における中和抗体薬の投与、酸素投与ステーションの開設、9月中旬から開始する大規模接種会場でのワクチンの優先接種など、新型コロナウイルス対策に係る取り組みについて説明し、「引き続き、県民の命を守るため、新型コロナ対策に全力を挙げてまいります。公明党福岡県議団の皆さまの力強いご支援をお願いします」と述べました。

要望を行う森下博司公明党福岡県議団団長
(写真)要望を行う森下博司公明党福岡県議団団長

要望を受けあいさつする知事
(写真)要望を受けあいさつする知事

意見交換の様子
(写真)意見交換の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)