ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > ようこそ知事室へ > 第9回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

本文

第9回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

更新日:2020年5月4日更新 印刷

 5月4日、第9回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(本部長:小川知事)を開催しました。

 会議では、新型コロナウイルスの県内の状況を報告するとともに、国が決定した緊急事態宣言の延長を踏まえ、5月7日以降の県の対応方針について協議しました。

・県内の新型コロナウイルス感染症の状況について
 5月3日現在で県全体の陽性者数は累計647名となっており、県民の皆さま、事業者の皆さまのご協力により、新規の感染者数は減少傾向にあります。

・緊急事態措置の延長について
 新規の感染者数は減少していますが、感染の拡大を食い止めるまで、あと一息のところです。しかし、一旦、感染者数のピークを越えながら再び増加に転じた北海道の例もあり、全く予断を許さない状況です。また本日、国は、5月7日から31日までの間、引き続き全国を緊急事態宣言の対象とし、本県を含む特定警戒都道府県については、引き続きこれまでと同様の取り組みが必要であるとの基本的対処方針を明らかにしました。
 これを受けて、県ではこれまでの外出自粛や在宅勤務の推進、施設の休業の要請等の取組みを、5月31日まで延長することとしました。 

 また、県立学校の臨時休業については、国の緊急事態宣言の延長を受け、期間を5月31日まで延長することとし、5月7日以降の一定期間経過後においては段階的な学校教育活動の再開に向け、分散登校などを実施することとしました。また、市町村立学校および私立学校についても、県立学校に準じ取り組みを実施するよう協力要請を行うこととしました。

 さらに、新型コロナウイルス感染症の影響により、学生や留学生を含め働く場を失った方に対する支援として、短期の雇用を緊急に創出する事業を創設することとしました。

 小川本部長は、「休業要請の延長により、県民の皆さま、事業者の皆さまにとっては、引き続きご協力をお願いしなければならず、大変心苦しいですが、県民の皆さま一人一人の行動が日本の国を救うことになります。ぜひご理解のうえ、ご協力いただきますようお願いします」と述べるとともに、本部員に対し、緊張感をもって、団結して取り組んでいくことを指示しました。

指示を出す知事

(写真)指示を出す小川本部長

会議の様子

(写真)対策本部会議の様子

 

資料1 県内の新型コロナウイルス感染症の状況について [PDFファイル/893KB]

資料2 緊急事態宣言の延長について [PDFファイル/208KB]

資料3 学校の臨時休業の延長について [PDFファイル/42KB]

資料4 緊急短期雇用創出事業について [PDFファイル/34KB]

資料5 各部の取り組みについて [PDFファイル/876KB]

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)