ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > ようこそ知事室へ > 第18回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

本文

第18回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

更新日:2020年10月8日更新 印刷

 10月8日、第18回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(本部長:小川知事)を開催しました。
 会議では、県内の新型コロナウイルス感染症の状況を報告するとともに、今後の県の対応について、以下のとおり協議しました。

・ 県内の新型コロナウイルス感染症の状況について
 9月17日以降、新規感染者数は一桁で推移し、重症者を含めた病床稼働率も低水準に落ち着いてきています。

・ 「福岡コロナ警報」の解除について
 
現在、全ての指標が基準未満にあることや、10月5日に開催した福岡県感染症危機管理対策委員会の専門家からの意見などを踏まえ、本日10月8日、「福岡コロナ警報」を解除します。

・ 「福岡コロナ警報」の見直し
 新型コロナウイルス感染症の感染再拡大に備え、「福岡コロナ警報」について、本年7月以降の患者発生状況および現在の医療提供体制ならびに感染症危機管理対策委員会の専門家の意見を踏まえ、以下のとおり、その基準を見直すこととします。

 <新しい「福岡コロナ警報」の基準>

  1. 1日当たりの感染者数が3日連続40人(3日移動平均)以上で増加傾向にあること
  2. 1週間当たりの感染経路不明者の割合が50%以上であること
  3. 病床稼働率が25%以上であること
  4. 重症病床稼働率が25%以上であること

 小川本部長は、「現在の状況そして専門家のご意見を踏まえて、新型コロナ警報の解除、そして基準の見直しを行いました。このところ感染状況は落ち着いているものの、コロナとは長く向き合っていかなければなりません。今後も社会全体で感染防止を図りながら、社会経済活動のレベルを十分上げていくことが求められています」と述べ、県民の皆さまには新しい生活様式の実践、事業者の皆さまにはガイドラインに沿った感染防止対策を講じていただくための働きかけを引き続き行うよう、本部員に対して指示しました。

あいさつする知事の写真です
(写真)指示を出す小川本部長

対策本部の会議の様子の写真です
(写真)対策本部会議の様子

資料1 県内の新型コロナウイルス感染症の状況について [PDFファイル/968KB]

資料2 「福岡コロナ警報」の解除と今後の方針について [PDFファイル/2.55MB]

資料3 各部における取組みについて [PDFファイル/2.44MB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)