ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > ようこそ知事室へ > 新型コロナウイルス感染症に係る関係病院長会議を開催しました

本文

新型コロナウイルス感染症に係る関係病院長会議を開催しました

更新日:2020年4月17日更新 印刷

 4月17日、大学病院、感染症指定医療機関、地域医療支援病院の病院長、福岡県医師会など医療関係団体が集まる「新型コロナウイルス感染症に係る関係病院長会議」を開催しました。

 小川知事は、自らの感染リスクを顧みず奮闘されている医療関係者に敬意を表し、感謝の言葉を述べた後、「重症者・重篤者に対して適切な医療を確保するとともに、それぞれの医療機関の負担を軽減するため、軽症者・無症状者について、宿泊施設での療養へ移行を進めています。また、新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れた医療機関に対して財政支援を行います。県としては、皆さま方の協力を得ながら、共にこの困難を打開していきたいと思います。引き続きご協力をお願いします」とあいさつしました。

 会議では、入院病床の確保や重症患者の受入先確保といった医療提供体制の整備について議論がなされ、これまで病床単位で行っていた入院先の確保を病棟単位で確保すべきといった意見も出され、関係機関が積極的に協力していくことが確認されました。

あいさつする知事
(写真)あいさつする知事

会場の様子
(写真)会場の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。