ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > 文化芸術振興 > ようこそ知事室へ > 福岡県文化芸術振興審議会から答申書が提出されました

本文

福岡県文化芸術振興審議会から答申書が提出されました

更新日:2020年12月25日更新 印刷

 12月25日、「文化芸術に関する施策を総合的かつ計画的に推進するための基本計画」(「福岡県文化芸術振興基本計画」)の策定に当たり、知事から諮問を受けていた福岡県文化芸術振興審議会が、知事に対し答申を行いました。

 同審議会会長の島谷弘幸氏(九州国立博物館 館長)から答申書を受け取った知事は、「今回頂きました答申の趣旨を十分に尊重し、本年度中に『福岡県文化芸術振興条例』に基づく『福岡県文化芸術振興基本計画』を策定し、具体的な事業を実施していきたいと考えています。年齢、障がいの有無に関わらず、それぞれの個性を発揮して、文化芸術を創り出す、またそれを楽しむことができる環境の整備に取り組みます。文化芸術を通じて、より心豊かに、また元気で活力のある福岡県にしていきたいと思います」と述べました。

 

島谷会長から答申書を受け取る知事
(写真)
島谷会長から答申書を受け取る知事

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。