ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 広域地域振興 > 福岡地域 > ようこそ知事室へ > 甘木・朝倉広域市町村圏事務組合から提言書が提出されました

本文

甘木・朝倉広域市町村圏事務組合から提言書が提出されました

更新日:2020年11月6日更新 印刷

 11月6日、甘木・朝倉広域市町村圏事務組合から小川知事に対し、令和3年度甘木・朝倉広域市町村圏振興施策に関する提言書が提出されました。

 提言項目は以下のとおりです。
・平成29年7月九州北部豪雨災害及び平成30年7月豪雨災害の早期復旧・復興並びに防災・減災の取組み
・新たな生活様式を踏まえた地域資源の活用
・JR日田彦山線沿線の地域振興の推進
・甘木鉄道の施設整備に対する財政支援
・県立学校の通学区域の弾力的運用

 知事は、「今年7月にも豪雨災害に見舞われ、皆さま方が被災されました平成29年の九州北部豪雨災害以来4年連続の被災となりました。引き続き皆さま方の地域はもとより、各災害で被災されました地域の皆さまの生活の再建と継続に全力を挙げ、一日も早い被災各地域の復旧・復興を成し遂げたいと思っています。また、JR日田彦山線沿線の地域振興を進めるとともに、新型コロナウイルス感染症の影響で深刻な状況にある観光業の振興および消費喚起に県を挙げて取り組んでまいります」と述べました。

提言書を受領する知事
(写真)提言書を受領する知事

記念撮影
(写真左から)澁谷博昭 理事(東峰村長)、林裕二 理事長(朝倉市長)、知事、田頭喜久己 副理事長(筑前町長)、栗原渉 福岡県議会議員

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。