ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 農産物のブランド化 > ようこそ知事室へ > 八女伝統本玉露を使った「八女玉露のテリーヌ」の開発者が服部知事を表敬訪問されました

本文

八女伝統本玉露を使った「八女玉露のテリーヌ」の開発者が服部知事を表敬訪問されました

更新日:2021年10月25日更新 印刷

 県では、「福岡の八女茶」の魅力を発信し、ブランド力の強化に取り組んでいます。この取り組みの一環として、福岡を代表する洋菓子店と連携し、八女伝統本玉露を使ったスイーツを開発しました。

 10月25日、翌日から予約販売開始を控えた2種類の「八女玉露のテリーヌ」を、開発者である「フランス菓子16区」の三嶋シェフと「ロン・ポワン」の平田マネージャーが知事に贈呈しました。

 知事は、八女伝統本玉露を使ったスイーツの開発に感謝の意を表し、「今いただきましたが、いずれも八女伝統本玉露の素晴らしさが引き出されており、秀逸なお菓子です。たくさんの方々に買っていただき、このお菓子のおいしさ、そして八女伝統本玉露、八女茶の素晴らしさを知っていただきたい」と述べました。

試食する知事
(写真)「八女玉露のテリーヌ」の試食をする知事

テリーヌ贈呈 集合写真
(写真左から)フランス菓子16区 三嶋隆夫オーナーシェフ、知事、福岡県茶生産組合連合会 藏内勇夫会長、ロン・ポワン 平田美穂販売マネージャー

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)