ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > ようこそ知事室へ > 福岡県市長会および福岡県町村会と新型コロナウイルス感染症対応に関する協定を締結しました

本文

福岡県市長会および福岡県町村会と新型コロナウイルス感染症対応に関する協定を締結しました

更新日:2020年11月25日更新 印刷

 11月24日、県と福岡県市長会および福岡県町村会との間で、新型コロナウイルス感染症対応に関する協定を締結しました。

 この協定により、県内で新型コロナウイルス感染症の感染者が多数発生するなど、保健所や宿泊療養施設における人員の確保が県のみでは困難な場合に、県は県市長会および県町村会に対し、市町村(保健所設置市を除く)の職員(保健師)の派遣を要請できるようになります。

 県庁で行われた協定締結式に出席した小川知事は、「これまで以上に県と市町村が連携し、県を挙げて新型コロナウイルス感染症に立ち向かっていきたいと思います。引き続き、皆さまのご理解、ご協力をお願いします。」とあいさつしました。

 これを受けて、市長会の井上澄和会長(春日市長)は、「今回の協定が、新型コロナウイルス感染症対策における、重要な役割を果たすことを確信しております」と述べられました。また、町村会の永原譲二会長(大任町長)は「今後もより一層、県と連携し、一体となって感染拡大防止に努めてまいりたいと思います」と述べられました。

署名する知事
(写真)締結式の様子

集合写真
(写真左から)井上澄和 福岡県市長会会長、知事、永原譲二 福岡県町村会会長

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)