ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新原・奴山古墳群を視察しました

更新日:2020年10月23日更新 印刷

 10月23日、小川知事が福津市にある新原・奴山古墳群を視察しました。

 新原・奴山古墳群は、世界遺産「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産の一つで、沖ノ島祭祀を担い、沖ノ島に宿る神に対する信仰を宗像三女神信仰へと発展させた古代豪族、宗像氏の墳墓群です。

新原・奴山古墳群を視察する知事
(写真)新原・奴山古墳群を視察する知事

(関連リンク)「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。