ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ようこそ知事室へ > 赤羽国土交通大臣による令和2年7月豪雨の被災地視察に同行しました

本文

赤羽国土交通大臣による令和2年7月豪雨の被災地視察に同行しました

更新日:2020年7月16日更新 印刷

 7月16日、赤羽一嘉国土交通大臣が、令和2年7月豪雨の被災地を視察され、小川知事が吉松源昭福岡県議会議長とともに同行しました。
 三川ポンプ場(大牟田市)、枝光排水機場(久留米市)を視察するとともに、久留米市役所において、赤羽大臣に対して、令和2年7月豪雨の災害対策について緊急要望を行いました。
 知事は、「一日も早い復旧・復興を目指す被災地の励み・支えとなりますので、激甚災害の早期指定と、それに伴う復旧予算の確保、総合的な河川対策をお願いします。そして、被災地の皆さんの生活の再建と、事業の再開・継続が成り立つように喚起していくために、公共土木施設の早期復旧、見える形での復旧促進が大変大事です。それについても、引き続き、大臣にお願いにあがりたいと思います。これからもわれわれ被災地域に対するご支援をお願いします」と要望しました。

 また、赤羽大臣の視察終了後、知事と吉松議長は引き続き、被災した久留米市の水菜ハウスを訪れ、農家の方から被害状況について説明を受けました。

三川ポンプ場の視察
(写真)現地視察の様子(三川ポンプ場)
(写真左から)関好孝 大牟田市長、赤羽大臣、知事、濱地雅一 衆議院議員(※)

枝光排水機場の視察
(写真)現地視察の様子(枝光排水機場)
(写真左から)大久保勉 久留米市長、吉松議長、知事、赤羽大臣、濱地議員)

意見交換会の様子
(写真)意見交換の様子(久留米市役所)

要望書手交の様子
(写真)赤羽大臣に緊急要望書を手渡す知事(久留米市役所)
(写真左から)赤羽大臣、知事、吉松議長

水菜ハウスの視察の様子
(写真)現地視察の様子(久留米市の水菜ハウス)
(写真右から)吉松議長、知事

※濱地議員の「濱」は、「少」の部分が「眉」のたれ部分です

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。