ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

福岡県立美術館を視察しました

更新日:2020年7月3日更新 印刷

 7月3日、小川知事は、福岡県立美術館の新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を視察するとともに、美術館再開後、最初の展覧会となるコレクション展「赤と黒」(8月2日まで開催中)の展示作品を鑑賞しました。

 また、美術館再開後、最初の貸館展である「ART WAVE 福岡現代美術展2020」(7月5日まで開催中)で、主催者(NPO法人現代美術普及協会)の解説を聞きながら展示作品を鑑賞しました。

※福岡県立美術館は、2月末から新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため休館していましたが、来館者に対するサーモグラフィーカメラによる検温、連絡カードの記入、入場制限などの感染症対策を実施した上で、5月19日から開館しています。

検温する知事
(写真)サーモグラフィーカメラで検温を行う知事

記念撮影
(写真)展示作品を鑑賞する知事

展示作品を鑑賞する知事
(写真左から)楠本惠子 NPO法人現代美術普及協会理事、知事

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。