ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第7回宗像国際環境会議に出席しました

更新日:2020年10月26日更新 印刷

 10月25日、第7回宗像国際環境会議に小川知事が出席しました。

 小川知事は、川勝 平太静岡県知事(リモート参加)と葦津 敬之宗像大社宮司と、「海の神殿『宗像・沖ノ島』 山の神殿『富士山』」をテーマにした鼎談に臨みました。鼎談の中で小川知事は、「海と山の世界遺産が繋がることで、それぞれの知恵を出し合い、世界遺産を取り巻く環境を保全し、世界遺産の価値を守っていきたい」と話しました。

 鼎談後、小川知事と川勝知事は、両県が互いに連携し、それぞれの地域の人々の交流を拡大するとともに、双方の世界文化遺産が体現してきた持続文化を再評価し、新しい生活様式の取り組みについて議論し、それらを国際社会に発信することなどをまとめた共同声明「海の神殿『宗像・沖ノ島』 山の神殿『富士山』-世界遺産の連携による自然環境問題への取組み-」に署名しました。

 その後、小川知事は鐘崎漁港に移動し、会議の参加者の方々と一緒に竹漁礁を海中に設置しました。

鼎談の様子
(写真右から)鼎談する
川勝知事(リモート参加)、小川知事、葦津宮司

共同宣言へのサインの様子
(写真)共同声明に署名する小川知事、川勝知事

皆さんとの集合写真
(写真)会議に参加した皆さんと

記念写真
(写真左から)海中に設置する竹漁礁の前で、
宗像国際環境会議実行委員会小林正勝会長、小川知事、駐日サンマリノ大使マンリオ・カデロ氏、葦津宮司

御製碑の前で
(写真左から)御製碑(※)の前で、
駐日サンマリノ大使マンリオ・カデロ氏、小川知事

※この御製碑は、平成29年に天皇皇后両陛下(現上皇上皇后両陛下)ご臨席のもと開催された「第37回全国豊かな海づくり大会福岡大会を記念して、天皇陛下がお詠みになられた短歌(御製)を賜り、大会ゆかりの地である宗像市の鐘崎漁港に建立されたものです。

 

(関連リンク)「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。


知事講演録(ふくおかインターネットテレビ)