ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > NPO・ボランティア > 共助社会づくり(協働の推進) > ようこそ知事室へ > イオン九州株式会社およびマックスバリュ九州株式会社から「福岡県共助社会づくり基金」への寄附金が贈呈されました

本文

イオン九州株式会社およびマックスバリュ九州株式会社から「福岡県共助社会づくり基金」への寄附金が贈呈されました

更新日:2020年7月20日更新 印刷

 7月20日、イオン九州株式会社の柴田祐司代表取締役社長とマックスバリュ九州株式会社(代理:イオン九州株式会社 川村泰平執行役員中福岡事業部長)から、「福岡県共助社会づくり基金」に対する寄附金が贈呈されました。

 県とイオン株式会社が平成24年4月に締結した包括提携協定に基づき、電子マネー「ふくおか共創(きょうそう)WAON」の利用額の一部をご寄附いただいたもので、今回で8回目になります。

 いただいた寄附金は、NPOなどが多様な主体と協働して地域課題の解決を図る社会貢献活動を支援する「ふくおか地域貢献活動サポート事業」に活用します。

 小川知事は、多額の寄附に対して感謝の意を表すとともに、「新型コロナウイルス感染拡大や令和2年7月豪雨災害などにもご支援いただいており、改めて感謝申し上げます。いただいた寄附金は、NPOやボランティアの皆さんが、企業や行政などと一緒になって行う社会貢献活動に大切に使わせていただきます」とあいさつしました。

贈呈の様子

(写真左から)川村泰平 イオン九州株式会社執行役員中福岡事業部長、知事、柴田祐司 イオン九州株式会社代表取締役社長

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。