ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 広報 > その他の広報(テレビ・ラジオ・一般情報) > 知事記者会見録 > 知事メッセージ 令和2年4月10日(金曜日)

本文

知事メッセージ 令和2年4月10日(金曜日)

更新日:2020年4月11日更新 印刷

知事メッセージ 令和2年4月10日(金曜日)

この会見録は発言をそのままではなく、文章とする際読みやすいように整理したものです。

このメッセージの模様は、  ふくおかインターネットテレビ  動画配信しています。

(1)新型コロナウイルス感染症軽症者等の宿泊療養を開始します

  (がん感染症疾病対策課)

(知事)

今日、皆様に一つご報告がございます。

今般、医療体制の確保の観点から、来週月曜日からホテルでの軽症者、無症状者の宿泊療養を開始します。

これまで12の感染症指定医療機関で150床確保しており、これに加え、76の入院協力医療機関も合わせると、全体でまもなく300床確保できます。

こうした病床を、重篤、あるいは重症の方のために確保するとともに、医療機関の負担軽減を図るため、軽症者、無症状者の方について、民間の宿泊施設の活用について調整を進めてきました。

この度、宿泊事業者との合意が成立し、国との協議が整いましたので、その第1弾として、来週月曜日、4月13日から、北九州市小倉南区にある「東横イン北九州空港」において、受入れを開始します。

今日午後、現地で従事スタッフに対する研修及びゾーニング、防護具の着脱訓練等を行う予定です。

なお、福岡地区についても、できるだけ早く確保すべく、市内の複数の宿泊事業者と話を進めているところです。

 

医療崩壊は起こしてはなりません。

この1か月が勝負です。

県民一人一人の行動がこれを決めることになります。

県民の皆様には、「人との接触を避ける」「生活の維持に必要な外出以外はしない」、これをしっかり守っていただきたい。

お願いいたします。