ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 管理者用 > 管理者用 > ゲストアルバム > ゲストアルバム > 内野艶和選手から「2019UCIトラックジュニア世界選手権」優勝の報告を受けました(令和元年10月24日)

本文

内野艶和選手から「2019UCIトラックジュニア世界選手権」優勝の報告を受けました(令和元年10月24日)

更新日:2019年10月24日更新 印刷

 10月24日、国際自転車競技連合(UCI)が主催する「2019UCIトラックジュニア世界選手権」に出場した内野艶和(うちの つやか)選手が小川知事を訪問し、ジュニア女子ポイント・レース(※)で優勝したことを報告されました。
 本大会は、満17歳から満18歳の選手による自転車競技の世界選手権で、毎年開催されています。2019大会は、8月14日から18日まで、ドイツ・フランクフルトで開催され、48か国、約300名が参加しました。

 知事は、優勝に対するお祝いを述べるとともに、「内野さんは、中学生時代、本県が全国に先駆けて実施しているタレント発掘事業に参加したことをきっかけに、自転車競技の道を選ばれたと聞いております。今回の優勝は、日頃から高い目標を持ち、厳しい練習を積み重ねてこられた結果だと思います。この素晴らしい成績を胸に、誇りを自信に変えて、これからも練習に励んでいただき、より高いレベルへ進んでもらいたいと思います」とあいさつしました。

※ポイント・レース
 2.5km(10周)ごとの順位により獲得したポイント等の合計を競う競技。ジュニア女子ポイント・レース決勝は、全長20km(80周)のポイントを競う。

内野選手と関係者の皆さまと小川知事

(写真)内野選手および関係者の皆さまと

関連情報

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。