ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 管理者用 > 管理者用 > ゲストアルバム > ゲストアルバム > 「文部科学大臣杯第62回小学生・中学生全国空手道選手権大会」および「日本空手協会第2回アジアオセアニア空手道選手権大会」の優勝者が訪問されました(令和元年11月11日)

本文

「文部科学大臣杯第62回小学生・中学生全国空手道選手権大会」および「日本空手協会第2回アジアオセアニア空手道選手権大会」の優勝者が訪問されました(令和元年11月11日)

更新日:2019年11月11日更新 印刷

 11月11日、「文部科学大臣杯第62回小学生・中学生全国空手道選手権大会」および「日本空手協会第2回アジアオセアニア空手道選手権大会」で優勝した6人の選手が優勝報告を行うため、小川知事を訪問されました。

 知事は、お祝いの言葉を述べるとともに、「来年の東京オリンピックまで9カ月をきり、正式種目となった空手への注目度は、今後ますます高まっていくことと思います。今まで以上に稽古を積み、精進していただいて、それぞれが目指すレベルを目指して頑張ってください」とあいさつしました。

「文部科学大臣杯第62回小学生・中学生全国空手道選手権大会」
・小学生低学年団体戦男子 形 優勝
 新川 翔太選手、山野 龍志選手、金内 暖人選手
・中学2年生男子 形 優勝
 井口 天晴選手

「日本空手協会第2回アジアオセアニア空手道選手権大会」
・14才少女 形の部 優勝
 佐々木 萌選手
・15才少年 組手の部 優勝
 箱田 凌大選手

優勝者の皆さんと
(写真前列左から)新川選手、山野選手、金内選手、井口選手、佐々木選手、箱田選手

左から山野選手、金内選手、新川選手佐々木選手による形の披露
(写真)形の披露

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。