ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 小中学校の学校給食に県産和牛を提供!

本文

小中学校の学校給食に県産和牛を提供!

発表日:2020年7月22日 15時00分 印刷
担当課:
農林水産部畜産課
直通:
092-643-3497
内線:
3983 3987
担当者:
馬場 近藤

小中学校の学校給食に県産和牛を提供! [PDFファイル/90KB]

「博多和牛」をはじめとした県産和牛は、新型コロナウィルス感染症の拡大により、消費の縮小、価格低下などの影響を受けています。
 県では今年度、その消費拡大活動の一環として、県内の児童生徒に県産和牛を使った給食を提供し、県産和牛のおいしさ、すばらしさを知っていただくことで、家庭での消費を促すこととしました。
 県産和牛をつかった給食は、7月29日に89校で提供されるのを皮切りに、順次、県内の各学校で、サイコロステーキ、牛丼などの献立で提供されます。

 1 県産和牛を活用した学校給食の概要県産和牛の牛丼

  〇 実施時期
    令和2年7月~令和3年2月
    ※初回 7月29日(水曜日)17市町村 89校 約3万5千人

  〇 実施学校数及び児童生徒教職員数(予定)
    県内900校以上 約37万人

  〇 提供される献立例
    サイコロステーキ、牛丼、焼肉、チンジャオロース、
    ビーフストロガノフ、ビーフシチュー、五目煮など

 2 取材可能校

  〇 学校名
    中村学園三陽中学校 全校生徒77名 (福岡市西区今宿青木1042番33号)

  〇 スケジュール
    令和2年7月29日(水曜日)
 10時40分 県産和牛に関する食育講座(視聴覚室)
  講師  中村学園大学  甲斐(かい)(さとし)学長
   博多和牛生産者 堀田(ほりた)和秀(かずひで)
 12時00分 和牛給食:博多和牛の焼肉(ランチルーム)

  〇 問い合わせ先
    家庭科 大塚先生(092-882-6611)

   ・ 取材をご希望の場合は、前日までに同校にお申し込みください。

   ・ 取材にあたっては、マスク着用や手指消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、
 新型コロナウイルス感染症の予防にご配慮願います。

 ※ 実施主体:福岡県産和牛等学校給食利用推進協議会
   県産の和牛肉等を小中学校等における学校給食に提供することで、
   県内児童生徒の健やかな成長に資するとともに、和牛等の生産を振興することを目的に、
   生産者やJA、県関係各課を中心に、令和2年6月に設立。
   会長は博多和牛販売促進協議会会長の鈴木雅明氏(博多和牛生産者)。