ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 県庁ロビーに新しい県立美術館の建築模型を展示します!~基本設計プロポーザルで最優秀者に選ばれた「隈研吾建築都市設計事務所」の建築模型~

本文

県庁ロビーに新しい県立美術館の建築模型を展示します!~基本設計プロポーザルで最優秀者に選ばれた「隈研吾建築都市設計事務所」の建築模型~

発表日:2023年2月15日 11時00分 印刷
担当課:
人づくり・県民生活部文化振興課新県立美術館建設室
直通:
092-643-3346
内線:
2835
担当者:
柳原、西迫

〇 大濠公園に令和11(2029)年度の開館を目指す新福岡県立美術館。令和5年1月21日に実施した新福岡県立美術館整備事業基本設計プロポーザル二次審査(最終)において、選定委員会は最優秀者に「株式会社隈研吾建築都市設計事務所」、次点者に「株式会社AS」を選定し、2月9日、宮城俊作委員長が県庁を訪れ、服部知事に推薦書を手渡しました。

〇 これを受け本県は同日、株式会社隈研吾建築都市設計事務所を基本設計の受託候補者として特定しました。

○ この度、本プロポーザルで提案された「株式会社隈研吾建築都市設計事務所」の建築模型と技術提案書を、県庁1階ロビーにて展示しますので、お知らせします。

1 日時
令和5年2月20日(月曜日)~3月3日(金曜日) 9時~17時
※最終日は15時まで

2 展示場所
福岡県庁1階ロビー(福岡市博多区東公園7-7)

3 展示内容
建築模型 2台
技術提案書

※模型サイズ
縮尺150分の1  縦1,355mm×横905mm
縮尺300分の1  縦905mm×横1,700mm
 

150分の1
(写真)縮尺150分の1

300分の1
(写真)縮尺300分の1

 

(参考)新福岡県立美術館基本設計の設計者決定まで

1 新福岡県立美術館整備事業基本設計業務の概要

(1) 業 務 名 新福岡県立美術館整備事業基本設計業務
(2) 業務箇所 福岡県福岡市中央区大濠1-1-1、大濠公園1-7
(3) 業務内容 新福岡県立美術館整備事業に係る美術館本体新築、茶会館改築、茶室改修、
         日本庭園改修、外構、その他付帯工事の基本設計業務一式
(4) 契約期間 契約日から令和6年3月29日(金曜日)まで(予定)

2 施設整備の規模及び位置

(1)  施設整備の規模
   敷地面積 20,666平方メートル
   床 面 積  新美術館本体 約14,000平方メートル
          (地下駐車場を含む延べ面積 21,000平方メートル程度) 

(2)位置
  位置図 

3 設計者の選定

(1)選定方法
  公募型プロポーザル方式
(2)スケジュール

公募開始 令和4年8月23日(火曜日)
参加表明書の提出 令和4年9月14日(水曜日)~9月20日(火曜日)
一次審査書類の提出 令和4年10月7日(金曜日)~11月7日(月曜日)
【公開】一次審査(書類審査) 令和4年11月28日(月曜日)
【公開】二次審査(公開プレゼンテーション) 令和5年1月21日(土曜日)

(3)選定の手順
    有識者7名で構成する選定委員会を設置し、公開により一次審査(書類審査)及び二次審査(公開プレゼンテーション)を実施し、最優秀者・次点者を選定します。

4 設計者の決定

 選定委員会の推薦を受け、県が最優秀者・次点者を特定し、設計者を決定します。(令和5年3月頃)

【その他の情報】

※「新県立美術館基本計画」については、県ホームページ中、トップページ>組織から探す>人づくり・県民生活部 文化振興課>新県立美術館「新福岡県立美術館基本計画」をご参照ください。