ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 食品ロス削減につながる「てまえどり」の取組(試行)を行います

本文

食品ロス削減につながる「てまえどり」の取組(試行)を行います

発表日:2022年4月27日 14時00分 印刷
担当課:
循環型社会推進課
直通:
092-643-3381
内線:
3497
担当者:
執行、東

○ 食品ロスは県内で年間約21.5万トン発生しています※。その削減に向けて、県では本年3月に食品ロス削減推進計画を策定し、県民・事業者・行政等が連携した様々な取組を推進しています。

○ この一環として、食品小売業者と連携して、食品ロス削減につながる「てまえどり」を消費者に促す啓発活動に取り組みます。

○ 「てまえどり」とは、購入してすぐに食べる場合に、商品棚の手前にある商品など、販売期限が近づいた商品を積極的に選ぶ行動をいい、小売店において期限が過ぎて廃棄されることによる食品ロスを削減する効果が期待されます。

○ まずは試行的に、5月1日から、包括提携協定を締結している㈱セブン‐イレブン・ジャパンの店舗において、消費者に対して「てまえどり」を周知します。

○ 今回の取組結果を踏まえ、事業者及び県民の皆さんに食品ロス削減を意識した行動を促して、食品ロス削減を推進していきます。

※ 平成30年度推計値

取組内容

 県内のセブン‐イレブン各店舗の商品棚に「てまえどり」を呼びかける啓発用POPを5月1日から順次掲示し、買い物をされるお客様への周知を行います。※店舗により掲示状況は異なります。

<啓発用POPデザイン>

てまえどりのPOPです

<店頭での掲示イメージ>

POP掲示のイメージ写真です  POP掲示のイメージ写真です