ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「障がい者雇用の促進を図るためのテレワーク活用事業」の取組みが「第21回テレワーク推進賞」のテレワーク促進部門にて、優秀賞を受賞しました!

本文

「障がい者雇用の促進を図るためのテレワーク活用事業」の取組みが「第21回テレワーク推進賞」のテレワーク促進部門にて、優秀賞を受賞しました!

発表日:2021年1月18日 11時00分 印刷
担当課:
福祉労働部労働局新雇用開発課
直通:
092-643-3594
内線:
4249
担当者:
町田、江森

「障がい者雇用の促進を図るためのテレワーク活用事業」の取組みが「第21回テレワーク推進賞」のテレワーク促進部門にて、優秀賞を受賞しました!

○ 福岡県が、一般社団法人日本テレワーク協会が主催する「第21回テレワーク推進賞」(※)のテレワーク促進部門において、「優秀賞」を受賞しました。促進部門において、都道府県では、九州で初めての受賞となります。

○ 今回の受賞は、県内企業等へのテレワークによる障がい者雇用実現のため、本県が多くの関係者と協働し、雇用の実現を後押しするとともに、活動を通じて得られた知見やノウハウを広く共有するなど、他自治体への影響が大きい取組みであると評価されたためです。

○ この受賞を受けて、2月24日(水曜日)午後1時から経団連会館にて表彰式及び受賞事例発表会が予定されています。(オンライン視聴のみ)

※テレワーク推進賞について
 一般社団法人日本テレワーク協会がテレワークのさらなる普及促進活動の一環としての「テレワーク推進賞」を開催することで、テレワークを導入・活用した、またはテレワークの普及に貢献した企業・団体等を顕彰しているもの。

1.表彰式及び受賞事例発表会

日時:2021年2月24日(水曜日)午後1時~午後4時45分
場所:経団連会館(東京都千代田区大手町1-3-2)経団連ホール
主催:一般社団法人日本テレワーク協会
後援:総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、東京商工会議所
     公益財団法人日本生産性本部、日本テレワーク学会、フジサンケイ ビジネスアイ
 ≪参加申込≫
  ・マスコミの方:メールにてお申込みください。
   あて先 suishin-tanto@japan-telework.or.jp
  ・その他一般:コロナ禍の為今年度はオンラインライブ配信とします。
   申込みはこちら(定員になり次第締め切り)
   https://japan-telework.or.jp/associationactivities/suishin/
 ※表彰式プログラムは別紙を御覧ください。
 ※福岡県の事例発表は、16時15分~16時30分を予定しています。奮って御視聴ください。

2.「障がい者雇用の促進を図るためのテレワーク活用事業」の取組み

 本県では、通勤時の心身への負担等の理由により、働く意欲や能力があっても就職が困難な障がいのある方々の雇用機会を広げていくため、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方である「テレワーク」を活用した障がい者雇用の促進に平成30年度から取り組んでいます。
 ≪主な事業内容≫
  ・「テレワークによる障がい者雇用促進検討会議」における対応策の検討(H30)
  ・テレワーク普及のためのモデル事業の実施、報告書の作成(R1、R2)
  ・福岡県障がい者テレワークオフィス「こといろ」や相談窓口の設置(R2) 等

3.参考

 詳細は、一般社団法人日本テレワーク協会のプレスリリースを御覧ください。

一般社団法人日本テレワーク協会プレスリリース(第21回テレワーク推進賞) [PDFファイル/534KB]