ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 新型コロナウイルス感染症の無症状者等に係る宿泊療養施設を新たに確保しました

本文

新型コロナウイルス感染症の無症状者等に係る宿泊療養施設を新たに確保しました

発表日:2021年11月15日 17時00分 印刷
担当課:
新型コロナウイルス感染症対策本部(宿泊療養班)
直通:
092-643-3343
内線:
3366,3085
担当者:
井手、松添

○ 県では、新型コロナウイルス感染症の無症状者・軽症者に対し、適切な医療を提供するため、民間の宿泊施設を活用した宿泊療養を実施しています。

○ この度、新たな受入施設を確保しましたのでお知らせします。

   (具体的な受入開始日は未定)

○ また、北九州市内の宿泊施設のうち、1つを閉所しましたので、併せてお知らせします。

○ これにより、県内の宿泊施設は11施設、受入室数は2,234室となります。

 

1 新たに確保した施設
施設名 受入室数

アパホテル博多東比恵駅前

 (福岡市博多区東比恵二丁目16-13)

158室

コンフォートホテル小倉

 (北九州市小倉北区浅野二丁目6-21)

189室

 

2 閉所した施設
施設名 受入室数

東横イン北九州空港

 (北九州市小倉南区空港北町2-4)

219室

 

3 県内の宿泊療養施設 内訳

  福岡市内       7施設

  北九州市内     2施設

  久留米市内     2施設    計 11施設