ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > “社会を明るくする運動”強調月間 激励式を開催!

本文

“社会を明るくする運動”強調月間 激励式を開催!

発表日:2020年7月21日 00時00分 印刷
担当課:
人づくり・県民生活部私学振興・青少年育成局青少年育成課
直通:
092-643-3388
内線:
2926
担当者:
大堤、大安

7月の強調月間に、副知事が関係者を激励

○ “社会を明るくする運動”は、すべての国民が犯罪・非行の防止とあやまちを犯した人の更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国運動で、毎年7月は同運動の強調月間となっています。

○ この度、「“社会を明るくする運動”強調月間 激励式」を開催しますのでお知らせします。
  江口副知事が、日頃から犯罪や非行に陥った人の更生に尽力している保護司や更生保護施設など地域の第一線で活躍いただいているみなさんに対し謝意を表するとともに、同運動の一層の推進に向け激励します。

※この運動を展開するため、福岡県では「福岡県推進委員会」を立ち上げ、小川知事が委員長に就任しています。

※福岡県推進委員会とは、“社会を明るくする運動”の全県的な周知及び推進のため、更生保護を支える団体や企業、行政機関で構成された組織です。

1 日時  令和2年7月27日(月曜日)14時00分~14時20分

2 場所  特別会議室(県庁8階南棟)

3 出席者

 吉田 帰命(福岡県保護司会連合会 会長)

 横田 進太(福岡県更生保護施設連盟 会長)

 田中 久也(更生保護法人福正会 理事長)

 野田 フミ子(福岡県更生保護女性連盟 会長)

 古山 正成(福岡保護観察所 所長)

4 次第

(1)出席者紹介

(2)内閣総理大臣からの協力依頼文書受取(古山所長から江口副知事へ受け渡し)

(3)江口副知事による激励

(4)出席者代表決意表明

(5)出席者全員による写真撮影

社会を明るくする運動ポスター

▲“社会を明るくする運動” ポスター

第70回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~ について

○ 社会を明るくする運動は、昭和24年、第二次世界大戦後の荒廃した街にあふれた子どもたちの将来を危惧した東京・銀座の商店街の有志の方々が、非行の予防等を広く訴えて開催した「銀座フェアー」が契機となっており、保護司を始めとする更生保護関係者を中心に、犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えるための全国的な運動である。

○ この運動は、法務省が主唱し、毎年7月を強調月間として全国で実施。地域に根ざした運動として一層の推進を図ることとされている。

○ 福岡県推進委員会の委員長には知事が就任しており、福岡県保護司会連合会をはじめ、更生保護を支える団体、企業など69の機関・団体でこの運動を推進している。

【この運動が目指すこと】

(目標1) 犯罪や非行を防止し、安全で安心して暮らすことのできる明るい地域社会を築くこと

(目標2)犯罪や非行をした人が再び犯罪や非行をしないように、その立ち直りを支えること

【この運動において力を入れて取り組むこと】

1 犯罪や非行をした人の立ち直りを支え、再犯を防止することの大切さや、更生保護の活動について、広く知ってもらい、理解を深めてもらうための取組

2 保護司、更生保護女性会会員、BBS会員、協力雇用主等の更生保護ボランティアのなり手を増やすための取組

3 犯罪や非行の防止や、犯罪や非行をした人の立ち直りには様々な協力の方法があることを示し、多くの人に支え手として加わってもらうための取組

4 民間協力者と地方公共団体と国との連携を強化しつつ、犯罪や非行をした人が、仕事、住居、教育、保健医療・福祉サービスなどに関し必要な支援を受けやすくするためのネットワークをつくる取組

5 犯罪や非行が起こらないよう、若い人たちの健やかな成長を期する取組

【強調月間に福岡県推進委員会が行う主な行事・活動(予定)】

1 福岡ソフトバンクホークス、アビスパ福岡及びギラヴァンツ北九州の協力のもと、啓発活動を実施

2 “社会を明るくする運動”作文コンテストの実施

3 ポスター、パンフレット、幸福(しあわせ)の黄色い羽根など広報媒体の配布

※ 県内各地区においては、新型コロナウィルス感染症感染拡大防止のため、ポスターや懸垂幕、立て看板の掲示、のぼり旗の設置等、主に非接触型の広報活動を実施します。